お住まいの皆さまへ

!
大雨・台風・地震等の災害時には、お客さまセンターの電話が大変混み合います。
下記の内容を参考に、ご自身でできる一次対応をお願いします。

家具の配置・転倒防止の備え

  • 家具や家電が転倒しないよう、普段から壁に固定したり転倒防止グッズで工夫しましょう。
    (転倒防止グッズの例:L字金具・粘着シート等)
  • なるべく部屋に物を置かないようにしましょう。やむを得ず置く場合も、ドアや避難経路をふさがないように、家具配置のレイアウトを工夫しましょう。

避難場所等チェック

  • 日頃からハザードマップ等で危険箇所や避難場所をチェックして避難場所までの道順を確認しておきましょう。

ガラスによるけが防止

  • スリッパやスニーカーを手近に用意しておきましょう。特に、夜間の停電時を考えて、所定の場所にしまっておきましょう。

救出用具を用意しておこう

  • バールやノコギリ、スコップ、ジャッキ、懐中電灯などを用意しておきましょう。

家族で防災会議を開きましょう
(地震・火災・風水害に備えて、家族で以下のような話し合いをしておきましょう。)

  • 家の中で安全な場所はどこか
  • 応急手当の知識を身につける
  • 消火器具などの安全点検
  • 火気器具などの安全点検
  • 避難場所、避難道路の確認
  • 家族の役割分担
  • 万が一の際の家族との連絡方法・集合場所
  • 非常持ち出し品の点検、置き場所の確認

生活必需品(非常用品)の準備


災害発生後、数日間は生活に必要なものが供給されないという事態が発生します。

災害時に自宅で生活する上で必要な生活必需品を日頃から、備えておくことが大切です。

また、いざという時に最低限必要な品をすぐに持ち出せるよう非常用持ち出し袋を準備し、置き場所も考えておきましょう。

非常用持ち出し袋の品(例)チェックシート
食料品
水・水筒
食品
哺乳瓶
貴重品
現金
預金通帳
印鑑
救急用品・薬
救急箱(絆創膏等)
市販薬
常備薬
衣類
衣服
下着等
防寒具
生活用品
歯ブラシ
タオル
携帯トイレ
生理用品・オムツ類
毛布
その他
懐中電灯
乾電池
携帯ラジオ
携帯電話充電器
ロウソク
ライター
ナイフ・缶切り
軍手
ヘルメット・防災頭巾
地図
ホイッスル

災害時には、ひとりひとり必要なものが違います。ご自身の状況に応じて備えましょう。持ち出しの目安は3日~1週間分です。

地震が起きたらどうする?
地震が起きたら
エレベーター注意事項

<JKK東京> 東京都住宅供給公社

ページの先頭へ戻る