JKK東京の取組 JKK TOKYO

当公社とSDGsの関わり

当公社は少子高齢社会への対応、地域の防災力の向上、省エネルギー化などSDGs(エスディージーズ)に関係した取り組みを推進しています。
今後も住宅事業を通じて地域社会に貢献していきます。

【SDGsとは】

SDGs(Sustainable Development Goals)は、「持続可能な開発目標」を意味し、2015年に国連サミットにおいて採択された2030年までの国際目標です。市民、行政、企業など世界中全ての人が一丸となって取り組む、貧困の撲滅や持続可能な都市・人間居住の実現、自然環境の保全など17のゴールから構成されています。

主な取り組みと関連するSDGs

  • 住宅セーフティネットとしての特性を踏まえた都営住宅の管理

エスディージーズ1貧困をなくそう
エネルギーをみんなにそしてクリーンにあらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

  • サービス付き高齢者向け住宅、ケア付き高齢者住宅の供給
  • 建替え等による創出用地を活用した地域の福祉・医療拠点施設の整備・誘致

エスディージーズ3すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

  • 太陽光発電設備の設置
  • 団地共用部におけるLED照明の採用
  • 電気自動車充電設備の設置

エスディージーズ7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
全ての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

  • 子育て支援施設の整備・誘致を通じた多世代共生の住まいづくり
  • 公社住宅・都営住宅における耐震化の推進
  • 地域コミュニティ・防災コミュニティ活動への支援

エスディージーズ11住み続けられるまちづくりを
包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

  • 植樹による住宅敷地内の緑化
  • 住宅敷地内樹木(約45万本)の適切な維持管理
  • 多摩産材の利用を通じた東京の森林の循環促進と維持・増進

エスディージーズ15陸の豊かさも守ろう
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

<JKK東京> 東京都住宅供給公社

このページの先頭へ