お住まいの皆さまへ

!
大雨・台風・地震等の災害時には、お客さまセンターの電話が大変混み合います。
下記の内容を参考に、ご自身でできる一次対応をお願いします。

室内にいるとき

  • 家具の転倒や落下物から身を守るため、頭を保護しながら大きな家具から離れ、丈夫な机の下などに隠れてください。あわてて外に飛び出さないでください。
  • 室内で転倒・落下した家具類やガラスの破片などに注意してください。
  • 料理や暖房などで火を使っている場合、その場で火を消せるときは火の始末、火元から離れているときは無理に火を消しに行かないでください。
  • 扉を開けて避難路を確保してください。
  • 高層階(概ね10階以上)では、揺れが数分続くことがあります。(大きくゆっくりとした揺れにより、家具類が転倒・落下する危険に加え、大きく移動する危険があります)

※日頃からハザードマップ等で危険箇所や避難場所をチェックして避難場所までの道順を確認しておきましょう。

エレベーターに乗っているとき

  • 地震が発生すると最寄の階に停止します。周囲に注意しエレベーターから降りてください。
  • 停止していることを確認した場合は、エレベーター保守管理会社へ直接ご連絡願います。

エレベーターの詳しい注意事項はこちら


屋外にいるとき

  • 道路などの屋外では頭上に物が落下したり、道中に火災が起こるなど、数多くの危険が予想されます。安全な場所を見つけむやみに移動しないようにしてください。
  • ブロック塀の倒壊や自動販売機等が倒れる可能性がありますので離れてください。
  • ビルの壁、看板や割れた窓ガラスなどの落下に注意して、建物から離れてください。

停電・断水したら

  • あわてず落ち着いて行動しましょう。避難するときには、ブレーカーを切ってください。
  • 漏水の可能性があるため必ず水栓(蛇口)を閉めて避難しましょう。急ぎの場合は止水栓 を閉めてください。 (玄関外側のメーターボックス内に止水栓はあります)
右(時計回り)に回すと閉まる               

ガスが止まったら

  • 地震の揺れで、自動的にガスが止まります。

※ガス臭い時は、火気は厳禁です。すぐにご契約のガス会社へ連絡してください。

【復帰手順】

  1. (1)すべてのガス機器を止めてから、玄関横にあるガスメーターの赤ランプが点滅していることを確認。
  2. (2)「復帰ボタン」のキャップを左へ回して外してください。
  3. (3)「復帰ボタン」を奥までしっかり押しこみ、手を離してください。
  4. (4)赤ランプが再び点滅するので約3分お待ちください。(ガスもれがないか確認をしています)
  5. (5)3分経過後、赤ランプの点滅が消えていれば、ガスが使えます。

※復帰手順を繰りかえし、それでも使えない、点滅が消えない時は、ご契約のガス会社へ連絡してください。

ガラスが割れた場合応急措置方法

【用意するもの】

・軍手・長袖・長ズボン・ほうき・ちりとり・スリッパ(できれば靴がより安全)
・粘着テープ(ガムテープ)・新聞紙・段ボール・ベニヤ板等

  1. (1)ガラスの破片は鋭利で非常に危険です。応急措置をする時は、肌の露出を減らし長袖・長ズボンで軍手をはめ、室内でも靴やスリッパを履きましょう。小さなお子様がいる場合は、ほかの部屋など安全な場所に避難してください。
  2. (2)まず、大きな破片から集めます。ガラスの破片は新聞紙に包みダンボール等に入れてください。
  3. (3)次に細かい破片をほうきとちりとりで回収します。 (掃除機を使用する場合は、細かい破片の吸込みで故障する恐れがありますので注意が必要です)
  4. (4)粘着テープで,更に細かい破片を回収します。
  5. (5)ガラスが割れ穴の開いた部分は、ダンボールやベニヤ板を使用し穴を覆うようにそっと当て、粘着テープで固定します。

※ガラスにひびが入っている場合は、そのひびに沿って粘着テープを貼り付けてください。

※普段からガラスに飛散防止フィルムを貼るのが効果的です。カーテンを閉めておくことでも屋内への飛散には効果があります。

壁・天井等(共用部含む)の亀裂(クラック)に関して

  • 地震の揺れにより壁、天井、床に亀裂(クラック)が入ることがあります。幅0.3mm以下(床に落ちている髪の毛くらいが目安)、 深さ4mm以下の亀裂で、建物が崩壊する恐れはありませんので、ご安心ください。様子をみていただき、亀裂の幅や隙間が広がり段差が出てくるようなら公社へご連絡ください。
こんなときどうする?
エレベーターの注意事項

<JKK東京> 東京都住宅供給公社

ページの先頭へ戻る