東京都住宅供給公社からのお知らせ

新型コロナウイルス感染者について

令和3年1月8日

東京都住宅供給公社

 東京都住宅供給公社に所属する職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので、以下のとおり、お知らせします。

年代 50代
性別 男性
居住地 千葉県
勤務場所 東京都住宅供給公社 亀戸窓口センター
症状 体の節々の痛み(発熱、味覚・嗅覚の異常は無し)
発症日 1月6日頃(令和3年1月8日 PCR検査陽性確認)
仕事内容 住宅管理業務
当該職場の業務継続 消毒を実施し、業務を継続中
職場までの通勤手段 電車

 当該職員は、令和3年1月4日(月)及び5日(火)は、内部事務のみに従事し、お客様等との接触はありません。また、6日以降、出勤はしておりません。
  濃厚接触者の有無については、現在、保健所に確認中です。
 ※保健所から当該職員に関する濃厚接触者はいないことを確認しております。(※令和3年1月12日更新)
 なお、当公社では、職員にマスクの着用、手洗い(消毒)を徹底し、感染防止対策を講じておりますが、当該職員と発症前に接触機会のあった職員は、感染拡大防止の観点から、念のため当公社の判断で在宅勤務としております。

※職員及び家族への人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。

窓口運営部 運営企画課

03-3409-2261

受付時間:9時から18時 (土曜・日曜・祝日を除く)

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る当公社の対応

ページの先頭へ戻る