お住まいの皆さまへ

!
大雨・台風・地震等の災害時には、お客さまセンターの電話が大変混み合います。
下記の内容を参考に、ご自身でできる一次対応をお願いします。

強風への備え

  • ガラス破損被害防止のため、風に飛ばされる危険のあるもの(洗濯ハンガー、鉢植え、物干し竿等)は室内に入れましょう。
  • 外から物が飛んできた場合に備え、サッシを施錠した上でカーテン等を閉めておきましょう。
  • 窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ることや、養生テープで×印のようにクロスして貼るのも効果的です。

居室内の浸水対策

  • バルコニーの排水溝はきれいに清掃しておきましょう。
  • 窓やサッシから雨水が吹き込んだ場合、サッシの下枠(レール)に雑巾やタオル等で壁を作るようにして水をせきとめてください。 また、こまめに水分をふきとりましょう。
  • 窓周辺の家財や家電は被害を受けない場所に移動させ、電気のコンセントは漏電、ショート、感電などの事故が発生する可能性があるので、抜いておきましょう。

天井からの雨漏り対策

  • 雨水を受けるための「バケツ」や床を濡らさないための「新聞や雑誌」を事前に準備しておきましょう。

※雨が降っているときは防水工事ができませんので、自宅にあるもので応急処置をお願いします。

廊下など共用部の対応

  • 排水目皿に落葉などが詰まらないように清掃をお願いします。
  • 雨の日にエントランス・階段・廊下等の共用部の床が濡れると、滑りやすく大変危険です。通行・足元には、充分お気をつけください。

エレベータに関する対応

  • 風雨によりエレベーターに雨水がかかると故障の原因となりますので、雨天時はエレベーターホールの窓は閉めるようお願いします。
  • エレベーターは、冠水・浸水すると不具合により停止します。なお、この場合、乾燥し復旧するまで数日間を要することもあります。
  • 停止していることを確認した場合は、エレベーター保守管理会社へ直接ご連絡願います。

停電時への備え

  • 日頃から、ブレーカーの位置を確認しておきましょう。
  • 夜間の停電に備え、懐中電灯などを備えておきましょう。

防災グッズの備蓄

  • ライフラインが途絶えたときのことを想定して、防災グッズを備えておきましょう。
    ~懐中電灯、携帯ラジオ、非常用食料・飲料水、非常用持ち出し袋など~
非常用持ち出し袋の品(例)チェックシート
食料品
水・水筒
食品
哺乳瓶
貴重品
現金
預金通帳
印鑑
救急用品・薬
救急箱(絆創膏等)
市販薬
常備薬
衣類
衣服
下着等
防寒具
生活用品
歯ブラシ
タオル
携帯トイレ
生理用品・オムツ類
毛布
その他
懐中電灯
乾電池
携帯ラジオ
携帯電話充電器
ロウソク
ライター
ナイフ・缶切り
軍手
ヘルメット・防災頭巾
地図
ホイッスル

災害時には、ひとりひとり必要なものが違います。ご自身の状況に応じて備えましょう。
持ち出しの目安は3日~1週間分です。

<JKK東京> 東京都住宅供給公社

ページの先頭へ戻る