報道発表 JKK TOKYO

JKK東京のロゴマーク等が変わります
新ロゴマーク×新イメージキャラクター×新住宅名称

東京都住宅供給公社

 JKK東京は、「住まいを通じて、都民の暮らしを支え、社会に貢献することを最も大切な使命として、先駆的な取組にも果敢に挑戦し、東京の未来を創造する」ことを経営理念としています。
 この理念のもと、様々な取組を行ってきましたが、これを更に充実・強化していく一環として、今般、JKKのロゴマーク、イメージキャラクター、住宅名称を令和4年4月1日に変更することとしました。
 これにより、職員の意識を更に高めるとともに、JKKの発信力を強め、社会に貢献する活動を一層加速させていきます。

JKK東京の2020年以降の取組はこちら

新ロゴマーク

JKK東京 ひととくらしをあったかく。ロゴマーク

 新ロゴマークは、右上から左下に向かって「窓から部屋へ差し込む太陽の光」を表し、「誠実で、やさしく、あたたかいサービスを届けるJKK東京」を象徴しています。
 また、右上へ力強く伸びる矢印として、職員全員が共通の目標へ向かって、躍動しつづける行動的な姿勢と時代の先を行く取組も表しています。曲線と直線をあわせもつ形は、あらゆる課題をソフトとハードの両面から最適な解決策を創造する事業活動を表現しています。
 「ひとと、くらしをあったかく。」には、JKK東京が住まう「ひと」によりそいながら、そのひとの「くらし」を一緒にあたたかくしていく姿勢を表現しています。

新イメージキャラクター

新イメージキャラクター ユトジラ

ユトジラ UTOJIRA
【プロフィール】

「ユトジラ」は、背中にJKK 東京が考える理想のまちをのせたクジラの妖精。
ふわふわ浮きながら住民たちを優しく見守っている。
姿を見たひとは自然とあったかい気持ちになる不思議な存在で、住民から愛されている。
趣味は緑に紛れてお昼寝をすること。

新住宅名称

 JKK東京は、昭和54年度の新築住宅から使用してきた名称「コーシャハイム」を、令和4年度に竣工する新築住宅から、新たな名称「カーメスト(CALMEST)」にします。
 JKK東京の住まいにおいて、住まう人それぞれにとっての「穏やかで落ち着いた自分らしい暮らし」が実現できることを目指して、「CALM(=穏やかな、落ち着いた)」の最上級「CALMEST」 としました。

カーメスト
(CALMEST)

 その第一弾として、大蔵住宅建替事業における住宅名称を「カーメスト大蔵の杜」に決定しました。 世田谷区大蔵の緑豊かで広大な敷地に、第1期から第4期まで合わせて約1,200戸の賃貸住宅を供給するとともに高齢者・障害者施設を誘致するなど、誰もが暮らしやすいまち「大蔵の杜」へと再生します。第1期(賃貸住宅381戸)は、令和4年6月に竣工予定です。
 当住宅は、多様な間取りや子育てに適した設備仕様を備えるとともに、JKK住まいるアシスタントによるコミュニティ活動の支援等により、多世代がつながり支え合うコミュニティの形成を図ります。また、健康志向に応える住まいとして、完全禁煙住棟の導入や、スマートフォンアプリでボタンに触れずに呼び出すことができるエレベーター、洗面所の自動水栓化など感染症予防に配慮した仕様を採用します。
 当社は、今後も都民に引き続き選択される安全・安心で利便性、快適性に優れた住まいの提供に努めてまいります。

※「JKK住まいるアシスタント」とは、JKKの賃貸住宅にお住まいの高齢者等の方から寄せられるさまざまなご相談への対応や、住宅内のコミュニティサロン(集会所)を活用した入居者同士のコミュニティ活動のきっかけづくりなどに取り組む専門スタッフのこと。

お問合せ

総務部 経営企画課

03-3409-2261 (代表)

営業時間:月曜から金曜日 9時から18時 (土曜・日曜・祝日を除く)

ページの先頭へ戻る