ひとと、くらしをあったかく。JKK東京

JKK東京

当社の取組

みんなのコミュニティづくりを応援します

向原ゆるり体操 健康体操「10の筋トレ」2周年!

みんなのコミュニティづくりを応援します

向原ゆるり体操 健康体操「10の筋トレ」2周年!

2023年11月16日掲載 コーシャハイム向原ガーデンコート

板橋区にあるJKK賃貸住宅「コーシャハイム向原ガーデンコート」では、毎週火曜日の午前10時から11時に、コミュニティサロン(集会所)で、「向原ゆるり体操」という入居者を中心としたグループが、健康体操「10の筋トレ」を開催しています。「10の筋トレ」は板橋区内の他のJKK賃貸住宅でも行われていますが、今回、「向原ゆるり体操」が、「10の筋トレ」活動を始めてから2周年を迎えたので、取材してきました。

向原ゆるり体操の画像
※「10の筋トレ」…群馬県多野郡鬼石町(現 藤岡市)と群馬大学が開発した高齢者向け筋力トレーニング。高齢の方々を中心に地域の中で住民同士が自主活動として運営し、およそ1年をかけて10種類の生活動作に役立つトレーニングを習得する。

開催の経緯等

板橋区おとしより保健福祉センターでは、区内の高齢者の集まりを対象にリハビリテーションの専門職を派遣し、「暮らしを拡げる10の筋力トレーニング」略して「10の筋トレ」グループの立上げ支援を実施しています。こうした中、JKK住まいるアシスタントと一緒に、コミュニティサロン(集会所)を活用して、グループの立上げを進めており、コーシャハイム向原ガーデンコートでは、「向原ゆるり体操」のグループが2年前に立ち上がりました。
※JKK住まいるアシスタントとは、住宅内のコミュニティサロン(集会所)を活用した入居者同士のコミュニティ活動のきっかけづくりなどに取り組む専門スタッフのこと
参加者の声 
2周年を迎えた「向原ゆるり体操」に参加された方へインタビューをしたところ、
  • 「最初は1人での参加だったが、2年通ったことで他の参加者と友達になることができた」
  • 「体操した日はよく眠れるようなった」
  • 「他の参加者と体操の後に「カフェねねね」(近隣の「サポートハウスココロネ板橋」内にあるカフェ)で食事をしており、交流ができて楽しい
  • 近隣で体操が出来る所が他になく、以前より社会福祉協議会に相談をしていた。コーシャハイム向原ガーデンコートで「10の筋トレ」ができることになった時はうれしかった
など、参加者からは活動に参加することへの喜びと、近隣の方とのつながりが生まれ楽しんでいる様子がうかがえる声を聞くことができました。
「10の筋トレ」は、持続する仕組みとして、まず体験会を開催し、そこで住民主体の活動であることを伝えます。予約係、連絡係など参加者で役割分担をしており、JKK住まいるアシスタントがコミュニティサロンの予約方法や鍵の貸し借りの方法等をレクチャーしました。
コーシャハイム向原ガーデンコート以外にも板橋区内の7団地に展開しており、他の自治体にも事例として紹介しています。

JKK東京では、今後もこうしたコミュニティのきっかけづくりに取り組んでまいります。

ページトップ