取組紹介 INTRODUCTION

地域交流拠点「コミュニティプレイスまつまる」のオープニングイベントに子どもから高齢者まで200名超が来場し大盛況!

2022.7.29UP 松が谷

JKK東京の「多摩ニュータウン松が谷住宅」に併設されている地域交流拠点「コミュニティプレイスまつまる(以下「まつまる」)」において、令和4年7月17日(日曜日)にオープニングイベントが開催され、お子様からご高齢の方まで200名を超える方々が来場し、大盛況となりました。

JKKは、コミュニティ活性化に向けた取組強化の一環として、高齢化が進む多摩ニュータウン松が谷住宅に併設している賃貸店舗(約928㎡)を地域交流拠点に転換することとし、令和2年7月に整備・運営事業者を公募して一般社団法人コミュニティネットワーク協会を選定しました。まつまるは、当事業者によって運営されています。

◆オープニングイベントレポート
オープニングイベントでは、まつまるの出店テナントが特別プログラムでおもてなしを行ったほか、トークショーやダンスショー、マルシェなど様々な催し物が行われました。

まつまる内の物販スペースでは、新鮮な地場野菜や肉・魚等を販売し、たくさんの商品が店頭に並びました。ご来場のみなさんはさっそく足を止めて、お買い物を楽しんでいました。

パラ卓球・元日本代表監督 新井卓将氏が運営する「松が谷卓球場」では卓球体験が行われました。
健常者の方も車いすをお使いの方も一緒に楽しく汗を流していました。

学習スペースでは、大学生による科学実験教室が行われました。
白衣姿になった子どもたちは、興深く熱心に取り組んでいました。

地域にお住まいの女性達が一念発起して立上げた料理教室「Tama Kitchen Studio」では、おしゃれで「映える」特別メニューを販売し、行列も。

ゲストスピーカー3名によるニュータウンとまつまるの未来を語るトークショーには50名以上の方々が参加されました。

地域のフラダンスサークルによるフラダンスショーも行われ、オープニングイベントを盛り上げました。

まつまる前の広場ではマルシェ等が開催されました。多くの方でにぎわうとともに、広場のあちこちで井戸端会議が始まっていました。

住宅・施設概要 OVERVIEW

| みんなのコミュニティづくりを応援しますTOPページに戻る |

お問合せ先

<JKK東京>東京都住宅供給公社

公社住宅事業部 公社管理課

TEL:03-3409-2261(代)

ページの先頭へ戻る