取組紹介 INTRODUCTION

活動開始から祝10周年!サロン向原

2022.4.21UP KH向原

地域コミュニティ活動の紹介

 コーシャハイム向原 「サロン向原」

板橋区に所在するJKKの賃貸住宅「コーシャハイム向原」で開催されている「サロン向原」をご紹介します。

「サロン向原」について

 今年で活動10年目を迎えた「サロン向原」は、コーシャハイム向原にお住まいの方や地域の方との交流の場として、平成24年から活動している団体です。
主に「脳トレ」や「健康体操」、「茶話会」等を実施しています。(※茶話会は、現在コロナの影響で一堂に会してお茶を飲むのではなく、安否確認の意味も込めてお顔を確認しながらお弁当を配布しています。) 

代表者の方にお話をうかがいました!

Q1 この活動を始めたきっかけは?

 他の地域同様、入居者の高齢化が進んでおり、単身で暮らす高齢者も多い状況です。入居者同士や地域の方との付き合いも活発ではなくなり、孤立しがちな方が増えたため、自宅にこもりがちな高齢者を減らしたいと始めたのがきっかけです。

Q2 10年目を迎えましたが、今まで苦労した点は?
 最初は、参加者を集めることが大変でした。建替え前の向原住宅時代からの友人に声をかけ、スタッフを少しずつ集め、その友人の友人というように口コミで徐々に参加者を増やすことができました。また、外でたまに見かけたりする方に積極的に声をかけて、次回参加してもらうよう促しています。
Q3 今後の活動について
 今では、板橋区に「サロンに参加したい」と問い合わせが入ることもあり、地域の方々も積極的に参加していただいております。これにより、地域全体で互いに支え合って生活できる環境を整えたいと考えています。

▲可愛らしいひな人形のカード

 取材にお伺いした当日は、3月ということもあり、主催者からご参加された方へひな人形のカードをプレゼントされていました。
  新型コロナウイルスの感染防止対策として、受付で消毒と体温チェック、マスク着用の上で間隔を開けて体操を実施するなど、感染対策をしながら活動をされていました。

▲真剣に体操中
▲祝10周年を迎えられた皆さま

サロン向原の活動例

  • おとせん体操
  • 消防署員による火事予防講習会
  • 昔話と紙芝居
  • 警察署員による振り込め詐欺予防講習会
  • クリスマス会
  • 地域包括センター所員による体調管理のお話
  • お正月の飾りづくり  など

 公社ではコロナ禍においても入居者の皆さまによるコミュニティ活動や、地域の方々との交流活動等を応援してまいります。
※本記事は、2022年3月16日の取材に基づくものです。

住宅・施設概要 OVERVIEW

向原住宅再生プロジェクト特設サイト

「向原住宅団地再生事業」第30回住生活月間功労者国土交通大臣表彰を受賞

「コーシャハイム向原」第12回キッズデザイン賞奨励賞(キッズデザイン協議会会長賞)を受賞

| みんなのコミュニティづくりを応援しますTOPページに戻る |

お問合せ先

<JKK東京>東京都住宅供給公社

公社住宅事業部 公社管理課

TEL:03-3409-2261(代)

ページの先頭へ戻る