ひとと、くらしをあったかく。JKK東京

JKK東京

当社の取組

みんなのコミュニティづくりを応援します

カーメスト大蔵の杜で防災訓練を実施しました

みんなのコミュニティづくりを応援します

カーメスト大蔵の杜で防災訓練を実施しました

2023年11月6日掲載 カーメスト大蔵の杜

■初期消火訓練
2023年10月9日(月曜日・祝日)、世田谷区のJKK賃貸住宅「カーメスト大蔵の杜」及び「大蔵住宅」において防災訓練を開催しました。
「大蔵住宅」は、今から60年以上前の高度経済成長期に差しかかる昭和35年から入居を開始し、現在は全体を4期に分けて順次建替えを進めています。今回の防災訓練は、令和4年6月に竣工した第1期の「カーメスト大蔵の杜」と今後建替えを迎える「大蔵住宅」にお住まいの方を対象に、実際に災害時に必要となる消火や救護等を体験していただくとともに、防災について関心を高めていただくことを目的に開催しています。

当日は、残念ながら豪雨という悪天候でしたが、ご高齢の方やお子さん連れのご夫婦など60名以上の方が参加されました。
成城消防署、砧まちづくりセンター、消防団、自治会の協力のもと、初期消火訓練、AED体験、マンホールトイレの使用説明、防災食(レトルトカレー、アルファ化米)の配布、お子さん向けにミニ消防車・ミニ救急車の乗車体験を行いました。
中でもAED体験には積極的に参加されており、会場のマルチサロン和み(集会所)の前には長蛇の列ができていました。胸骨圧迫ではかなりの体力を要することを皆さんが実感されていました。
消防服を着てミニ消防車に乗ったちびっ子消防士たちは、ミニ消防車や消防団の車両の前でとても嬉しそうに記念撮影をしていました。
自治会と砧まちづくりセンターで準備した防災食は、スタッフとして参加した公社職員も試食させていただきましたが、想像よりもはるかに美味しいと感じました。
災害の被害を最小限に抑えるためには、自助、共助、公助それぞれの災害対応力を高め、連携することが大切になります。
▼AED訓練
▼マンホールトイレの説明
▼防災食(アルファ化米、レトルトカレー)の配布
▼ミニ消防車・救急車の乗車体験
当社は、この様なイベントをきっかけにして、住民同士が知り合い、交流するきっかけになればと考えております。今回、ご参加いただいた入居者の皆さま、ご協力いただいた成城消防署、砧まちづくりセンター、消防団、自治会、その他関係者の皆さま、本当にありがとうございました。
ページトップ