ひとと、くらしをあったかく。JKK東京

みんなのコミュニティづくりを応援します

多摩大学生との交流・スマホ相談会

2023年8月15日掲載 愛宕第一住宅

令和5年8月1日(火曜日)、多摩市にあるJKK賃貸住宅「愛宕第一住宅」のコミュニティサロン(集会所)において、「多摩大学生との交流・スマホ相談会」を開催しました。
愛宕第一_多摩大スマホ相談会

イベントの様子

多摩大学では、アクティブラーニングという学生主体で考える授業の一環として、学生が市内のお祭りの開催・運営に協力するなど地域活動に参加しています。今回は、多摩大学の先生と一緒にJKK住まいるアシスタント※が、地域に住む高齢者と学生との交流及びスマホ相談会を兼ねたイベントを企画し、開催しました。

※JKK住まいるアシスタントとは、住宅内のコミュニティサロン(集会所)を活用した入居者同士のコミュニティ活動のきっかけづくりなどに取り組む専門スタッフのこと

会場であるコミュニティサロンをのぞいてみると、「バーコードみたいなものを写真で撮ったあと、どう使うの?」と積極的に学生たちに相談する高齢の参加者は、本来困っているはずなのに、どこか楽しげな表情で学生との会話を楽しんでいる様子が伺えました。
当住宅では、これまでも多摩市社会福祉協議会がデジタルデバイドへの取組の一環として、スマホ相談会を何回か開催されていました。それでも、高齢者にとってスマホはむずかしいようで、同協議会の方も繰り返し同様のことをお伝えすることが大事だとおっしゃっていました。
今回、初めて学生が先生になったスマホ相談会。参加された方は、「次回もぜひ開催してほしいわ」と言いながら笑顔で帰られました。
当社では、今後もコミュニティサロンを活用した取組を推進してまいります。

住宅・施設概要 OVERVIEW

ページトップ