ひとと、くらしをあったかく。JKK東京

JKK東京

当社の取組

みんなのコミュニティづくりを応援します

コーシャハイム経堂フォレストにて自衛消防訓練を実施しました

みんなのコミュニティづくりを応援します

コーシャハイム経堂フォレストにて自衛消防訓練を実施しました

2023年6月28日掲載 コーシャハイム経堂フォレスト

令和5年6月4日(日曜日)、世田谷区の「コーシャハイム経堂フォレスト」において、入居者参加型の自衛消防訓練を開催しました。当住宅では、昨年6月に続き、2度目の開催となります。
当日は、地元の世田谷消防署員(宮の坂出張所)による水消火器を使った「消火訓練」や、敷地内にあるマルチサロン和み(集会所)にて、AEDの使い方を体験する「救護訓練」が行われました。AEDを使った「救護訓練」では「胸部圧迫はいつから開始すれば良いのか」「肋骨が折れても大丈夫か」「小さな子どもにはどのように対処するべきか」と真剣な眼差しで質問をする参加者の姿がとても印象的でした。
また、住宅内に設置されている「かまどベンチ」の組み立て方や、「マンホールトイレ」、「防災井戸」の使い方などについて、フロントスタッフ(住宅管理員)が説明を行いました。参加者からは、「昨年は参加できなかったが、今年初めてAEDを使ってみて、操作の仕方などがよく分かった」「最近、各地で大きな地震が発生していることもあり、こうした防災に関するイベントの開催は非常にありがたい」といった声が寄せられました。
なお、当日は東京都住宅政策本部の職員の方が、マンション防災の理解を深め、施策の検討に生かすため、視察されました。
当社では、こうした防災活動を通じて、住民同士がつながり、支えあうコミュニティのきっかけや継続の鍵となる取り組みを支援しています。今回、ご参加いただいた入居者の皆さま、世田谷消防署員の方々、本当にありがとうございました。
ページトップ