ひとと、くらしをあったかく。JKK東京

JKK東京

当社の取組

みんなのコミュニティづくりを応援します

【開催報告】地域交流拠点「コミュニティプレイスあたご」で多摩ニュータウン魅力発信フェスタを開催! ~子どもから高齢者まで約150名が来場~

みんなのコミュニティづくりを応援します

【開催報告】地域交流拠点「コミュニティプレイスあたご」で多摩ニュータウン魅力発信フェスタを開催! ~子どもから高齢者まで約150名が来場~

2023年6月7日掲載 多摩ニュータウン愛宕第二住宅

イメージ画像

JKK東京は、多摩ニュータウン愛宕第二住宅にオープンした「コミュニティプレイスあたご」において、令和5年5月13日に「多摩ニュータウン魅力発信フェスタ」を開催しました。当日はあいにくの雨でしたが、地域にお住まいの方が多数来場し、大盛況となりました。
 
「多摩ニュータウン魅力発信フェスタ」では、多摩地域で活動している団体や大学生ボランティアなどのご協力を得て、様々な催しをご用意し、子どもから高齢者まで笑顔あふれるイベントとなりました。
当日参加された方からは、「地域のことを知る貴重な機会となった。」「幅広い年代の方が集まり、交流ができたことが良かった。」と感想をいただきました。
▲大学生によるちぎり絵ワークショップを行い、参加された方々と共同で富士山のちぎり絵を制作しました。参加された方からは、「みんなで協力して制作できて楽しかった」、大学生からは「自分たちも夢中になって皆さんと作業できた」と振り返りました。
▲「たまたま奏でる繋がるプロジェクト」によるウクレレコンサートでは、「上を向いて歩こう」や「カントリーロード」など聞き馴染みのある曲が演奏され、会場内は笑顔と手拍子に包まれました。
▲東京都都市整備局多摩ニュータウン整備事務所に登壇いただき、多摩ニュータウン開発の歩みや再生の取組みについて紹介いただきました。参加された方々は熱心に耳を傾けていました。
▲JKK住まいるアシスタントと大学生によるスマホ相談会も開催し、お困り事やお悩みを一緒に考えました。当日は8名の方が参加され、LINEの通話方法など多岐にわたる相談が寄せられました。参加された方は「悩みが解決できたのはもちろん、若い方と話すことが出来たのがうれしかった。」と笑顔で語ってくださいました。

 


 

▲JKK職員が多彩なマジックを披露し、会場内では驚きの声と拍手が広がりました。


 


 


▲「多摩めかいの会」によるめかい(目籠)づくり体験を開催しました。めかいは、江戸時代から多摩地域に自生する篠竹(シノダケ)を利用して作られていた竹かごで、参加された方は「多摩めかいの会」のみなさまに編み方を教えてもらいながら、丁寧に編み込んでいきました。参加された方からは「お菓子や小物入れとして使いたい」「昔は馴染み深かったので懐かしかった」とお声をいただきました。

イメージ画像
 


 

▲カブやほうれん草をはじめとする多摩産の採れたて野菜のほか、「アリーシアキッチン」によるモリンガコーヒーや紅茶、レモネードの販売があり、たくさんの方に足を運んで頂きました。

 

▲当イベントでは、中央大学などの学生ボランティア8名にご協力いただき、ちぎり絵ワークショップの企画や野菜販売など運営をお手伝いいただきました。来場された方と学生が笑顔で会話する様子も見られ、幅広い年代の方が交流する活気のあるイベントとなりました。学生からは、「地域の皆さんと交流が出来てよかった。」「これからも盛り上げていきたい。」などの感想をいただきました。

JKK東京ではこれからも、地域の連携や交流機会の創出をサポートしてまいります。
 
〇当事業者の運営ページ「コミュニティプレイスあたご」はこちら
コミュニティプレイスあたごのロゴ画像
ページトップ