ひとと、くらしをあったかく。JKK東京

みんなのコミュニティづくりを応援します

「道草市」開催 !!

2024年2月6日掲載 小金井本町住宅

「紙コップけん玉」や折り紙のコマをつくりましたの画像
JKK住まいるアシスタントと一緒に「紙コップけん玉」や折り紙のコマをつくりました

小金井市所在のJKK賃貸住宅「小金井本町住宅」の公園において、小金井市観光まちおこし協会が主催する「道草市」が令和6年1月13日(土曜日)に開催されました。

開催の経緯等

小金井市観光まちおこし協会では、地域の高齢者や子どもの見守りを目的として、地域の方々とのつながりを作る「道草市」を市内4か所で開催しています。前回、小金井本町住宅で開催したのは令和5年7月で、年2回のペースで開催されています。
今回は、同住宅で毎週「輪投げ」の活動をされている 緑寿会りょくじゅかいの皆さんとJKK住まいるアシスタントが一緒となり、コミュニティサロン(集会所)において、午前中は「輪投げ」、午後は「紙コップけん玉」などの工作を実施しました。
※JKK住まいるアシスタントとは、入居者同士のコミュニティ活動のきっかけづくりなどに取り組む専門スタッフのこと。
「輪投げ」「ワークショップ」の案内

イベントの様子

イベントには小さなお子さんからご高齢の方まで住宅の入居者だけでなく、地域の方々もたくさん参加されました。
公園の中央では、ものまねミュージシャンのステージが行われるともに、新潟の郷土料理である「のっぺ汁」やクレープなどの飲食ブースや駄菓子屋さん、東京学芸大学の学生によるワークショップなどが出展されました。
緑寿会とJKK住まいるアシスタントが実施した「輪投げ」は、まだ日本語に慣れていないネパールの方にも参加いただき、一緒に楽しんでいただけました。また、お子さんが多数参加されたため、多世代での交流機会をもつことができました。
 

輪投げを小さなお子さんでも楽しめるように輪を投げる位置を変えて熱心に指導されていました

お野菜たっぷりの「のっぺ汁」で身体も心もあったまりました
お子さんたちによる野菜販売 地元で栽培された立派なお野菜は大人気!
射的やステージ、凧揚げなどお子さんたちも大忙しです
みなさん真剣にお願いごとを絵馬に描いていました
JKK東京は、JKK賃貸住宅にお住まいの方や、地域にお住まいの方との交流機会を創出するため、今後も住宅の敷地を活用した取組を推進してまいります。

住宅・施設概要 OVERVIEW

ページトップ