取組紹介 INTRODUCTION

寺子屋むかいはら
「ずっと自宅で生活し続けるために」~認知症について~

2019.5.21 コーシャハイム向原

2019年4月16日(火)コーシャハイム向原(板橋区)で開催された「寺子屋むかいはら」について紹介します。

「寺子屋むかいはら」とは

コーシャハイム向原7号棟サービス付き高齢者向け住宅の運営事業者である「社会福祉法人こうほうえん」が「在宅生活を支える勉強会」として様々なテーマで、2019年から毎月1回開催しています。

今回は、「認知症」のテーマのもと、社会福祉法人マザアス 東京都多摩若年性認知症総合支援センター管理者の来島みのりさんから、認知症になっても地域で暮らし続けるために私たちがすべきことをお話しいただきました。

また、同法人の介護職員として活躍されている方から、50歳代で若年性認知症を患ったご経験を基に貴重なお話しをいただきました。

当日は、コーシャハイム向原7号棟の1階に併設するカフェ&レストラン「けやき」が会場となり、会場が満席になる程、入居者の方や地域の方など沢山の方にご参加いただきました。

今回の講演内容は認知症への偏見をなくし、地域の方と支え合うコミュニティづくりを目指すものでした。

ご参加いただいた方の中では、70歳代以上の女性が多く、講演中クスっと笑える部分もあり、お互いの交流を深めご自身やご家族の今後の生活へのヒントを持ち帰られたようです。

今後の「寺子屋むかいはら」では、5月に「成年後見人について」、6月に「健康講座」を開催する予定です。近隣にお住まいの方のみならず、沢山の方々のご来場をお待ちしています。

寺子屋むかいはら 
(毎月1回開催のため、次回の開催日及び内容はお問合せください。)

開催地|板橋区向原3-7-7 コーシャハイム向原7号棟 カフェ&レストラン「けやき」

お問合せ|社会福祉法人こうほうえん
     TEL:03-5917-0753
     URL:www.satsukimukaihara.jp/(外部リンク)

住宅・施設概要 OVERVIEW

| みんなのコミュニティづくりを応援しますTOPページに戻る |

お問合せ先

<JKK東京>東京都住宅供給公社

少子高齢対策部 少子高齢対策課

TEL:03-3409-2261(代)

ページの先頭へ戻る