東京の賃貸ならJKK東京 > マンション再生支援事業 > 実績・事例紹介

実績・事例紹介

諏訪町住宅※(新宿区) ほか数件
※マンションの建替えの円滑化等に関する法律に基づくマンション建替組合設立認可第1号

詳しくはハイツ駒込の実例新蒲田住宅の実例諏訪町住宅の実例をご覧下さい。

実例 ハイツ駒込 建替事業

 ハイツ駒込(文京区)は、民間会社が昭和46年に分譲したマンションです。
 ハイツ駒込管理組合では、耐震診断をきっかけに、マンションの再生方法について本格的な検討を行うこととなりました。

 当公社は、平成20年からハイツ駒込管理組合とコンサルティング契約を締結し、大規模修繕・耐震改修等を行い建物を維持していくのか、建替えを行うかについての検討及び合意形成を支援しました。その後、事業協力者を選定し、平成23年に建替えを決定しました。
 当公社はオーナーコンサルタントとして工事完了までの約7年間、事業の推進を支援しました。

■経緯

昭和46年 3月 ハイツ駒込完成、入居
平成20年 9月 当公社とハイツ駒込管理組合でコンサルティング契約の締結
(以後、段階毎に管理組合及び建替組合とコンサルティング契約を締結)
平成22年 5月 マンション再生方針の方向性の決議(建替え推進決議)可決
平成23年 5月 建替え決議の可決
平成23年11月 マンション建替組合設立認可
平成24年 8月 建物解体
平成26年 6月 再建マンション竣工

実例 新蒲田住宅 建替事業

 新蒲田住宅(大田区)は当公社が昭和44年に分譲しました。
 平成17年に実質全員同意により建替え決議が可決され、平成19年に新しいマンションが完成しました。
 当公社は諏訪町住宅と同様に、権利者の合意形成から工事完了までの約6年間、コンサルタントとして事業の推進を支援しました。

■経緯

平成12年 お住まいの方で建替えの検討を開始
平成14年 当公社とコンサルティング契約を締結
平成17年 建替え決議可決、建替組合設立認可
平成18年 建物解体、建設工事着工
平成19年 再建マンション竣工

実例 諏訪町住宅 建替事業

 諏訪町住宅(新宿区)は、当公社が昭和32年に分譲したマンションです。
 全国で初めて「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」を適用し、平成17年7月に新しいマンションが完成しました。
 当公社は、権利者の合意形成から工事完了までの約4年間、コンサルタントとして事業の推進を支援しました。

■経緯

平成3年 お住まいの方々で「諏訪町住宅を考える会」設立。建替えの検討を開始
平成13年 当公社とコンサルティング契約を締結
平成15年 区分所有法(旧法)に基づく建替え決議可決・建替組合認可
平成16年 施行マンション解体
平成17年 施行再建マンション完成