長期不在届
 

転勤・出張・長期入院などにより、1ヵ月以上にわたり都営住宅を誰も使用しない場合は、原則として都営住宅を返還していただきます。

ただし、届出基準を満たす「住宅長期不在届」を公社の窓口センターに提出した場合に限り、1年間の長期不在が認められます。
この場合でも、不在期間が1年間を超えるときは、都営住宅を返還していただきます。

また、長期不在を終え、都営住宅に戻ってきたときは、「帰宅通知書」を公社の窓口センターに提出してください。
届出基準、必要書類等については、長期不在となる理由によってそれぞれ異なりますので、事前にお客さまセンターにご確認ください。

 


問合せ先

※H20年9月から、NTT東日本が提供するIP電話(「ひかり電話」「ひかり電話オフィスタイプ」)から、0570で始まる
ナビダイヤルへの通話が可能になりました。



各種手続きのご案内へ