東京の賃貸ならJKK東京

東京都内の賃貸マンションをお探しなら、
礼金なし・仲介手数料なし・更新料なしのJKK東京<東京都住宅供給公社>

  1. 東京の賃貸ならJKK東京
  2. > テナント募集中!テナントオーナーご紹介

テナント募集中!

1975年の開業から、今なお地元の方々に愛され続けている南砂2丁目商店街。新旧様々、30を超える個性的な店舗が建ち並んでいます。
今回は、昨年オープンした「カジュアルフレンチレストラン」に伺いました。
また、同じく昨年オープンした「バナナジュース専門店」、そして長年親しまれている「美容室」もご紹介します。

「ワンオペ」でもクオリティは下げません

「隠れ家」の異名をもつ、商店街の一番奥に位置するおしゃれなレストラン。
この店のすごいところは、オーナー1人ですべて仕事をこなしている「ワンオペ」であるということ。仕入れから仕込み、調理、フロアサービスまで1人で行なっています。

とにかく忙しいけれど、ご自身のこだわりに妥協はありません。一流シェフの下で修行した腕前を生かし、オーナー自ら探求した食材を使い、料理はもちろんデザートに至るまで、すべて手作りしています。

「パーティープラン」は4名以上から(2500円〜要予約)。 
 前菜やパスタのメニューは当日のお楽しみ!

ソムリエでもあるオーナーが厳選したワインが飲み放題。
「ワイン・テイスティングバー」(2時間1760円〜)

こだわりは食材だけでありません

店に入ると、客席にはなんだか見慣れないデザインの椅子。
実はこれ、ありそうでなかった!座面後部に荷物置きスペースがある椅子なのです。
荷物を置いても背もたれに違和感なくもたれられる座り心地。オーナーがその機能性に一目ぼれしたとか。また割り箸は間伐材を使用したもの。人やモノを大切にするオーナーのこだわりなんですね。

団地商店街ならではのコミュニケーション

商店街出店のメリットは人のつながり。1-118号室ブリューパブの「ガハハビール」さんとはメニューをコラボ。15-102号室「みゆき美容室」さんはちょっとした打合せに使ってくれることも。お客様の年齢層は幅広く、1人でプリンを買いに来る小学生や毎日食事しに来てくれるご年配のご婦人もいらっしゃるそうです。「それぞれの店舗が、どんどんユニークで新しい店作りをしていけたらいい。そこにお客様が集まれば自然と商店街全体に活気が出てくると思っています。」(大岩オーナー)

外部リンク:「江東区のお店紹介サイトことみせ」→

 

南砂店舗 テナント紹介

2018年12月OPEN  sonna bananaバナナジュース専門店

南砂店舗1号棟120号室 事業主 合同会社epi様
ヘルシーで濃厚なバナナジュースの専門店。
店頭からバナナの甘い香りが漂います。家族連れや年配のお客様も多いそうです。
「地元のお客様は優しい方ばかり。気さくに話しかけてくれます。
 本当に温かいなぁと感じています。」(店長さん)

みゆき美容室(美容店)

南砂店舗15号棟102号室 事業主 田中様
ピンクの看板が目印。店内も明るくスタッフが親切に出迎えてくれる1階「みゆき美容室」。
2階には青い看板が目印、落ち着いた雰囲気の「カットスタジオイフ」があります。
外部リンク:「江東区のお店紹介サイトことみせ」→

その他の南砂店舗紹介ページはこちら


JKK東京 公社住宅事業部 民間住宅課 店舗営業係 03-3409-2261(代)

このページのトップへ