東京の賃貸ならJKK東京 > 公社住宅にお住まいの皆さまへ >よくあるご質問

公社住宅にお住まいの皆さまへ

公社住宅にお住まいのお客様
すまいる問い合わせ
お手続き等に関するよくあるご質問

公社住宅にお住まいのお客様から多く寄せられるお手続き等に関するご質問を、Q&A形式でご案内しています。

【名義変更について】

【Q1】賃借人が亡くなりました。同居している家族は、何か手続きが必要ですか?
引き続きお住まいいただく場合は、『名義変更申請』をご提出ください。
なお、退去する場合は、『退去届』をご提出ください。
【Q2】賃借人が転出しました。親族が新規に転入し、名義人になることは可能ですか?
親族であっても、当公社に同居の登録がない方に名義を変更することはできません。
【Q3】『名義変更申請』とは、どのような手続きですか?
『名義変更申請』とは、賃借人の死亡ややむを得ない転出等により同居者(当公社に同居の登録のある方)へ名義を変更する手続きです。
【Q4】『名義変更申請』の流れを教えてください。
名義変更の流れは、以下のとおりです。
  1. 1.『名義変更申請』及び必要書類を管理事務所又は管轄の窓口センター新しいウィンドウが開きますにご提出ください。
  2.  ↓
  3. 2. 1回目の審査(=審査①)を行い、問題がなければ仮承認となり、当公社から契約書等を送付いたします。
  4.  ↓
  5. 3. 契約書に記入・押印し、必要書類とともに、管理事務所又は管轄の窓口センターにご提出ください。
  6.  ↓
  7. 4. 2回目の審査(=審査②)を行い、問題がなければ承認となります。必要な物をご用意の上、管轄の窓口センターへお越しください
  8.  ↓
  9. 5. 管轄の窓口センターにおいて契約を締結し、手続きは完了です。

【退去のお手続きについて】

【Q1】このたび、引っ越すことになりました。何か手続きが必要ですか?
『退去届』をご提出ください。
なお、駐車場をご契約いただいている場合は、お部屋と同日付けで解約となります。
※借上型都民住宅の駐車場については、別途、駐車場管理会社にお問い合わせください。
【Q2】『退去届』とは、どのような手続きですか?
引越し又は単身でお住まいの方が亡くなられた等の理由により、お部屋を退去する際に行う手続きです。
【Q3】退去の流れを教えてください。
退去の流れは、以下のとおりです。
  1. 1. 『退去届』を管理事務所又は管轄の窓口センター新しいウィンドウが開きますににご提出ください
  2.  ↓
  3. 2. 退去日(※)までに鍵をご返却ください。※『退去届』に記入した退去日
  4.  ↓
  5. 3. 退去したお部屋の修理箇所等の確認を行います。お客様負担の修理費も算出いたします。
  6.  ↓
  7. 4. 退去したお部屋の修理等を行います
  8.  ↓
  9. 5. 敷金とお部屋の修理等の費用を精算し、残金があった場合は返金いたします。
      なお、不足が生じた場合は、不足額を請求いたします。
【Q4】敷金は、いつ頃戻りますか?
返金がある場合、事前に通知し、退去日から約2か月後に、ご指定の口座に振り込みます。
なお、不足が生じた場合は、不足額を請求いたします。
【Q5】敷金の返還先口座は、ネット銀行でも大丈夫ですか?
ネット銀行でも構いません。
なお、海外の銀行は返還先として指定できません。

【届出内容の変更について】

【Q1】賃借人の勤務先が変わりました。何か手続きが必要ですか?
『登録事項変更届』をご提出ください。 詳細及び届出用紙ダウンロードはこちら
【Q2】『登録事項変更届』とは、どのような手続きですか?
『登録事項変更届』とは、以下の場合に必要な手続きです。
  1. 1. 賃借人の氏名・連絡先・勤務先・別送先に変更があった場合
  2. 2. 同居者の氏名に変更があった場合
  3. 3. 連帯保証人の氏名・住所・連絡先に変更があった場合
  4. 4. 緊急連絡先の変更又は登録済の緊急連絡先の氏名・連絡先・住所に変更があった場合
詳細及び届出用紙ダウンロードはこちら
【Q3】連帯保証人を変更したいのですが、何か手続きが必要ですか?
『連帯保証人変更申請』をご提出ください。
【Q4】『連帯保証人変更申請』とは、どのような手続きですか?
『連帯保証人変更申請』とは、連帯保証人の死亡等を理由として、連帯保証人を変更する手続きです。
【Q5】子供が生まれました。何か手続きが必要ですか?
『家族増減員届』をご提出ください。
詳細及び届出用紙ダウンロードはこちら
【Q6】同居していた息子が転出しました。何か手続きが必要ですか?
『家族増減員届』をご提出ください。
詳細及び届出用紙ダウンロードはこちら
【Q7】『家族増減員届』とは、どのような手続きですか?
『家族増減員届』とは、子の出生又は同居者の死亡・転出を届け出る手続きです。
なお、出生以外の理由により同居者の増員を希望する場合は、別途、『同居申請』をご提出ください。
詳細及び届出用紙ダウンロードはこちら

【住宅設備の改修について】

【Q1】同居している母が高齢のため、玄関とトイレに手すりを設置することができますか?
賃借人又は同居者が65歳以上であれば、当公社の負担で、玄関・トイレ・浴室に手すりを設置できますので、『高齢者・身体障がい者住宅設備改善工事申込書』をご提出ください。
ただし、家賃及び共益費等の滞納がある方は、お申込みいただけません。
なお、住宅の構造上、設置できない場合がありますので、ご了承ください。

【家賃のお支払いについて】

【Q1】家賃の口座引落し手続を教えてください。
『預金口座振替依頼書』に必要事項をご記入(※1)の上、金融機関(※2)にご提出ください。
※1 記入方法は、こちら(ご記入方法PDF) をご確認ください。
※2 取扱いのできる金融機関については、口座振替金融機関リストPDF からご確認ください。
【Q2】預金口座振替依頼書は、どこでもらえますか?
管理事務所又は管轄の窓口センター新しいウィンドウが開きますにてお受け取りいただけます。
郵送をご希望の方は、JKK東京 お客さまセンター新しいウィンドウが開きますにお問い合わせください。
【Q3】口座引落し開始までには、どのくらい時間がかかりますか?
『預金口座振替依頼書』を金融機関にご提出いただいてから約2か月後に、引き落としが開始されます。
【Q4】ネット銀行の口座を引落口座にできますか?
ネット銀行から家賃の引落しはできません。
【Q5】家賃の引落し口座を賃借人以外の口座に指定できますか?
賃借人以外の方の口座を指定することも可能です。

【公社一般賃貸住宅の家賃改定について】

【Q1】公社一般賃貸住宅の家賃改定について詳しく教えてください。
公社一般賃貸住宅にお住まいの方の家賃につきましては、3年毎に改定しております。
詳しくは、「公社一般賃貸住宅の家賃改定についてPDFをご覧ください。
【Q2】私の家賃はいつ改定されますか?
公社一般賃貸住宅にお住まいの方の家賃改定は、原則、ご入居から3年毎の改定となります。
ただし、平成16年4月1日以前からご入居されているお客さまについては、前回改定から3年毎となります。
(例えば、平成28年4月に改定があった方の次の改定は平成31年4月となります。)
【Q3】家賃改定通知書に記載されている金額と引き落としの額が違いますが?
家賃改定通知書には、家賃のみを記載しております。
共益費及び住宅保証料(連帯保証人の代わりに保証機関をご利用のお客さま)は含まれておりません。引落しの額には共益費等が加算されます。
【Q4】私の居住する住宅の市場家賃調査結果を教えてください。
お客様がお住まいの公社一般賃貸住宅の市場調査結果については、当公社窓口センターにて閲覧いただけます。
【Q5】家賃改定後の家賃の支払い方法はどうなりますか?
いままでどおりのお支払方法となります。
お客様による特段のお手続きは必要ございません。
【Q6】家賃特別減額とはなんですか?
公社一般賃貸住宅にお住まいの方で、家賃改定により家賃が引上げとなる世帯のうち、居住の安定に配慮が必要となる世帯(一定の所得以下の高齢者世帯、障がい者世帯、ひとり親世帯または生活保護世帯)について、原則として改定前の家賃額まで、家賃を減額する制度です。
対象世帯の詳細はこちらPDF
※引上げ額の緩和措置であり、改定前の家賃からさらに減額される制度ではありません。
【Q7】家賃特別減額の申請方法を教えてください。
家賃が引上げとなったお客様には、減額申請についてのご案内を戸別に郵送しています。ご案内に記載の資格要件にあてはまる場合、所定の申請書に必要書類(住民票、住民税課税証明書等)を添付し、ご提出ください。
詳細については、JKK東京お客さまセンター新しいウィンドウが開きますから「公社業務課収入認定係」へお問合せください。

【証明書の発行について】

【Q1】公社と賃貸借契約を締結していることの証明を勤務先に提出する必要があります。
    証明書を発行してもらえますか?
『証明書交付兼契約書再交付申請』をご提出ください。
この申請を受け、『住宅賃貸借証明書』を発行いたします。
詳細及び申請用紙ダウンロードはこちら
【Q2】『証明書交付兼契約書再交付申請』とは、どのような申請ですか?
『証明書交付兼契約書再交付申請』とは、以下の場合に必要な申請です。
  1. 1. 公社賃貸住宅の居住者であることの証明が必要な場合
  2. 2. 公社賃貸住宅の居住者であった(既退去の方)ことの証明が必要な場合
  3. 3. 公社賃貸住宅における月額家賃(負担額)及び同共益費の証明が必要な場合
  4. 4. 公社賃貸住宅における賃貸借契約書の再交付が必要な場
  5. 5. 月額駐車場使用料と同納入済額の証明が必要な場合
詳細及び申請用紙ダウンロードはこちら

【その他の届出について】

【Q1】半年間、海外出張することになりました。何か手続きが必要ですか?
退去せずに引き続きお住まいになる場合は、『不在届』をご提出ください。
なお、不在期間中についても、家賃及び共益費等はお支払いいただきます。
【Q2】『不在届』とは、どのような手続きですか?
『不在届』とは、賃借人及び同居者全員が、居住する住宅を連続して30日から1年までの期間、不在にする場合に届け出る手続きです。

【お問い合わせ先について】

【Q1】申請等のお手続き、家賃のお支払い、住まい方に関する問い合わせ先はどこですか?
JKK東京 お客さまセンター新しいウィンドウが開きますまでお問い合わせください。
【Q2】窓口センターの電話番号を教えてください。
お住まいの住宅名とご用件をJKK東京お客さまセンター新しいウィンドウが開きますのオペレーターにお伝えください。
窓口センターの担当者におつなぎいたします。
【Q3】窓口センターの場所・営業時間を教えてください。
窓口センター所在地一覧の「案内図」新しいウィンドウが開きますをご確認ください。

お問合せ先 JKK東京 お客さまセンター 0570-03-0031 営業時間 9時から18時 定休日 土曜日 日曜日 祝日 年末年始 ※NTT以外のIP電話PHSの方は 03-6812-1171

このページのトップへ