経営理念

2021年1月25日

JKK東京は、2020年に前身の「東京府住宅協会」が設立された1920年(大正9年)から100年となる大きな節目を迎えました。

これを機に、時代のニーズや求められる役割の変化等を踏まえ、当社が果たすべき使命及び経営の基本的考え方・方向性をより明確にするため、「経営理念」を新たに策定しました。

また、当社の職員が業務を遂行する上での判断基準となる「事業活動基本方針」と、当社で働く職員が仕事をする上で大切にすべき精神(価値観)及び、規範とすべき心構えを示した「JKK東京スピリット」を併せて改定しました。

■ 経営理念・事業活動基本方針と
JKK東京スピリットの位置付け

経営理念
JKK東京が果たすべき使命・経営の進め方における根本的な考え方
事業活動基本方針
経営理念を実現するための基本的な考え方・方向性
経営計画
□JKK東京アクションプラン
□東京都政策連携団体経営改革プラン
□事業計画(経営指針)
JKK東京スピリット
JKK東京で働くすべての職員が、仕事をする上で「大切にすべき精神(価値観)」と「規範とすべき心構え・行動」を示したもの

経営理念

  •  JKK東京は住まいを通じて、都民の暮らしを支え、社会に貢献することを最も大切な使命として、先駆的な取組にも果敢に挑戦し、東京の未来あすを創造します。
  •  常にコンプライアンスを重視しながら、自立的で健全な経営を堅持し、社会の信頼と期待に応えていきます。

事業活動基本方針

安全・安心な住まいとお客さまに寄り添うサービスを追求します。

幅広いお客さまを対象としたJKK賃貸住宅の取組

  •  子育て世帯や高齢者など住宅の確保に配慮が必要な方を始め、より良い住生活を求める幅広いお客さまに魅力ある住まいを提供します。
  •  建替えや既存ストックの活用を進め、多様な世代・世帯がいきいきと暮らせる交流と共助のあるコミュニティの創出を目指します。

都営住宅等の適正な管理

  •  長年の公的住宅管理の現場で培ってきた経験・ノウハウを活かして、都営住宅等の良好な維持保全を行うとともに、公平・公正なサービスにより、都内の住宅セーフティネットをしっかりと支えます。

行政等との多様な連携

  •  東京都や地元自治体、地域とも連携して、少子高齢化、まちづくり、環境、防災など様々な社会課題に積極的に取り組み、住宅に新たな価値を創出します。

健全でアクティブな事業運営

  •  財務基盤の強化を引き続き進めるとともに、社会の変化を的確に捉え持続的な事業推進体制を構築します。
  •  高い専門性を持つ多様な人財を育成して、いきいきと働くことができる職場環境を築き、チャレンジングな経営を実践します。
  •  事業パートナーと互いの立場を踏まえつつ、連携・協力して、効率・効果的に事業を推進します。
  •  JKK東京の事業や社会貢献の取組等を積極的に社内外に発信します。

JKK東京スピリット

JKK東京のこころ

  •  お客さまに喜ばれ、社会や地域に喜ばれることが、私たちの喜びです。
  •  私たちは、都民の皆さまに対して“安全・安心”で“喜ばれる”「住まいとサービス」を提供し続け、東京の未来あすを創造します。

職員の基本姿勢

私たちは、「住宅事業のプロフェッショナル」としての誇りと責任感をもって、次のことを実践します。

Communication

(1) 人とのつながりを大切にし、信頼関係を築きます。

Customer

(2) お客さまに寄り添い、誠実に対応します。

Compliance & Competence

(3) 高い倫理観を備えた実践力のある人財を目指します。

Change

(4) あらゆる変化を感じ取り、柔軟に考えて迅速に行動します。

Challenge

(5) 職員の力を結集し、創意工夫のもとに新たな課題に挑戦します。

このページの先頭へ