MENU
ページトップ

【 JKK東京のお部屋探し応援宣言!】

応援制度』

ステップ35割(35歳以下対象)

新婚・夫婦世帯入居さぽーと

ひとり親世帯入居サポート

近居サポート割

シニア住みかえサポート


【 賃貸住宅情報トップページへ 】

閉じる

新婚世帯入居サポート「ペアさぽ」

「ひとり親世帯入居サポート」って?

JKK東京(当公社)では、ひとり親世帯の方が入居しやすいように 「@収入審査の緩和」「Aこどもすくすく割」 などの支援策でサポートします。

@収入審査の緩和

ひとり親世帯の方が収入審査を受ける際に、申込者本人の月収が月収基準に満たない場合、各自治体から交付される「児童育成手当」「児童扶養手当」を月収額に合算することが可能です。
上記の手当てを合算しても月収基準に満たない場合、「収入合算」「月収基準の特例」などの制度を利用することも可能です。
【月収基準早見表】
家賃月収基準
同居者有り単身者
60,000円未満家賃の4倍以上家賃の4倍以上
60,000円以上、 90,000円未満240,000円以上
90,000円以上、120,000円未満360,000円以上300,000円以上
120,000円以上400,000円以上

【例】家賃が50,000円(月収基準200,000円)のお部屋を借りる場合

■月収基準による審査
■収入合算による審査
申込者本人の月収が月収基準に満たない場合、申込者本人の月収(手当含む)が月収基準の2分の1以上あり、次の条件のいずれかにあてはまれば、お申込みいただけます。
  1. 同居親族の収入を合算し、合計した月収額が月収基準以上あること。
  2. 同居しない三親等内の親族からの仕送りを合算し、合計した月収額が月収基準以上あること。
    (※この場合、仕送りしている親族に連帯保証人になっていただきます。)
■月収基準の特例による審査
申込者本人の月収が月収基準に満たない場合、以下の条件を満たすことで、お申込みいただけます。
  1. 申込者本人の二親等内の親族で同居しない方、又は、東京近郊(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県および山梨県)に居住する、申込者本人の三親等内の親族で同居しない方に、連帯保証人となっていただくこと。
  2. 連帯保証人となる親族の月収が、申込む住宅の月収基準以上あることが必要です。
※月収基準の特例の対象となる「ひとり親世帯」は、申込者本人が戸籍上の配偶者(内縁の夫・妻または婚約者を含む)がいない方であり、同居親族が申込日現在「20歳未満の子だけ」の世帯です。

Aこどもすくすく割

市部の一部空家を対象に「子どもが18歳になる年度の末日まで」または「入居から3年間」、毎月の家賃を20%割引きます。
「こどもすくすく割」の対象住宅は当公社の一般賃貸住宅です。

「こどもすくすく割」概要

【1.対象世帯】
以下の【1】から【3】のいずれかに該当する18歳未満の子がいる世帯  ※子どもが18歳になった場合でも、その年度の末日まで当制度にお申込みいただけます。
【1】申込者本人が戸籍上の配偶者(内縁の夫・妻または婚約者を含む。)のない方
【2】ひとり親世帯を対象とした以下の手当の受給者  
  1. @児童育成手当
  2. A児童扶養手当
【3】次の理由等により当公社がひとり親世帯と認める方  
  1. @離婚の意思が明確であり、事実上夫婦関係が破綻している
  2. A近親者からの暴力から逃れている
【2.契約形態】
10年間の定期借家契約
(定期借家満了時に、住宅の建替えの予定がなく、入居資格を有している場合には、再契約することができます。)
【3.割引期間】
以下の【1】または【2】のいずれか長い期間  ※契約期間中に末子が誕生した場合であっても、割引期間の延長はありません。
【1】契約始期日から子どもが18歳になる年度の末日まで
【2】契約始期日から3年間
【4.家賃割引】
対象住戸の募集家賃を20%割引した金額となります。 (計算後の家賃額の100円未満は切捨てます。)
【5.月収基準】
入居審査における月収基準は、割引後の家賃を適用します。
【6.敷金】
割引前家賃の2ヶ月分となります。 ※敷金は割引の対象ではありません。
【7.共益費】
通常の共益費をお支払いいただきます。 ※共益費は割引の対象ではありません。
【8.駐車場】
ご希望の方は、別途お申込みください。 ※駐車場使用料は割引の対象ではありません。
【9.適用条件・その他】
【1】その他の申込み条件は、当公社の一般賃貸住宅にお申込みいただくときと同様です。
【2】学生貸しは対象外です。また、他の割引制度(フリーレント等)・優遇制度との併用はできません。
【3】現在お住まいの公社住宅(同住宅)内で、別のお部屋に住替えることも可能です。
【4】必要な書類 : ひとり親世帯であることがわかる書類(児童扶養手当または児童育成手当の決定通知書、戸籍謄本等)