一般賃貸住宅

東京都子育て支援住宅認定制度の認定を取得
。子育てに配慮した住まいです。

子育て世帯が安心して暮らせる住まいに、交流スペースや災害時の避難場所になる広場を整備した安心設計。いろいろな世代が触れ合いたくさんの笑顔が生まれる、一歩進んだ一般賃貸住宅です。

子育てに快適、安心。多世代が共に暮らす住環境。

 一般賃貸住宅の一部は、東京都子育て支援住宅認定制度の認定を取得(※)した、子育て世帯にやさしい住まいです。

交流スペースと避難場所を備え、交流と防災の拠点として地域へ貢献します。

 交流スペースの一つであるコミュニティルームでは、高齢者世代による絵本の読み聞かせや、高齢者と子どもが一緒に取り組むモノづくり体験会など、居住者はもちろん地域の方々も参加できる多世代交流を促進するイベントを開催します。
 敷地内には、従前の烏山住宅に植えられていた木々を一部保存し、外構計画に活かしているほか、災害が発生した場合を想定し、避難場所として活用できる広場を整備しています。災害時に生活を守る防災設備を設け、地域の方々との交流の場としてだけでなく、防災拠点として地域に貢献します。

子育てに適した住宅の仕様
  • 住宅の仕様

    ◎一部の柱や壁の角は安全に 配慮し面取り加工を実施

    ◎遮音性能の高い床下地

  • 住宅の仕様

    ◎いたずら等による事故防止のため扉付きコンセントを採用

    ◎汚れにくい壁クロス材

東京都子育て支援住宅認定制度に認定(※)
東京都子育て支援住宅認定制度のマーク

居住者の安全性や家事のしやすさなどに配慮された住宅で、かつ、子育てを支援する施設やサービスの提供など、子育てしやすい環境づくりのための取組を行っている優良な住宅を東京都が認定する制度です。


マンションイメージ
コミュニティルーム(8号棟)
コミュニティルーム(8号棟)

子育てを通じた交流の場として、居住者と地域の方々の交流を促進します。  8号棟のコミュニティルームは、居住者の親睦を深める従来の集会室としてのみならず、月に1回の交流会「子育て広場」などを開催する場として活用します。居住者同士はもちろん、地域の方々との交流の場を目指します。

コミュニティルーム(8号棟)
コミュニティルーム(8号棟)

5号棟居住者専用の憩いのスペース。幅広い世代が利用できるコミュニティの場。  子どもたちが一緒に宿題をしたり遊んだり、親たちが安心して交流できる居住者コミュニティの場としての活用を目指します。インターネット設備もあり、パソコン作業や読書などができる自習スペースも用意しています。

コミュニティルーム(8号棟)
コミュニティルーム(8号棟)

地域に開かれた公園は、災害時の拠点としての役割も見据えて整備されています。  遊具やベンチを設置し、周辺地域に開かれた公園として整備。敷地内には災害用マンホールトイレや防災井戸などを備え、居住者や地域の方々の安全・安心を支えます。

コミュニティルーム(8号棟)
コミュニティルーム(8号棟)

催しや趣味の場など、幅広く活用できる集会室は、いざという時のための防災倉庫も備えています。  1号棟の集会室は、居住者が事前に予約して利用できる貸しスペースです。少人数で集うパーティなどのほか、趣味の場としても活用できます。また、いざという時のために備蓄品を収納した防災倉庫も備えています。

(※)5号棟、8号棟(計117戸)のうち50u以上の住戸(計100戸)について認定を取得しています。

コーシャハイム千歳烏山 概要

pagetop