■ 同居できる家族の範囲

同居できる家族の範囲は以下の通りです。

◆一般賃貸住宅
日本国内に居住する配偶者(契約日から6ヶ月以内に結婚する婚約者または内縁関係にある方を含む)および三親等内の親族。(詳細はこちらをご覧下さい)
◆都民住宅
申し込みのときに、一緒に住んでいる親族と申し込むことが原則です。同居親族の範囲は六親等内の血族、配偶者(内縁を含む)、三親等内の姻族および婚約者までです。(詳細はこちらをご覧下さい)
※ 所得基準表における家族数には同居親族のほかに遠隔地扶養者数を含みます。
※ 連帯保証人は原則親族である必要はありません。

※ 同居されるご家族がいらっしゃる場合は申し込み時に必ず世帯員他情報に登録してください。
(ご登録がない場合、失格となる場合がありますのでご注意ください)

■ 婚約者

婚約者は、誓約書を提出いただくことで同居親族として認められます。ただし、一般賃貸住宅の場合契約日より6ヶ月以内に入籍することが条件です。

■ 単身者

単身者とは、未婚または離婚や死別により戸籍上の配偶者がいない方で、おひとりで入居する方のことをいいます。

◆一般賃貸住宅の場合
一部の申込区分を除き、申し込みができます。
◆都民住宅の場合
原則申し込みができません。ただし、先着順受付の住宅のうち、一部の住宅については特例により申し込みができる場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。
閉じる