東京の賃貸ならJKK東京 HOMEへ

東京の賃貸ならJKK東京 HOME > 入札・契約情報TOP > JV案件 入札結果

電子入札システムを活用した
入札金額の内訳書の提出について

 平成26年6月に改正された「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」において、入札時に入札金額の内訳書を提出することが義務付けられました。
 これに伴い、当公社では、平成28年4月1日以降に公表を行う案件について、以下のとおり取り扱うこととしましたので、お知らせします。

1 内容

(1) 工事契約の予定価格が250万円以上の競争入札案件について、入札参加者が入札する際に
   電子入札システム上で、積算内訳を入力するものとします。

(2) 積算内訳の入力項目は、@直接工事費、A共通仮設費、B現場管理費、C一般管 理費等及び
   D発生材(有価物)の売却費、ガス工事費等(@からCまで以外の費 用)とします。

2 その他

落札予定者に求めている詳細な内訳書の提出については、平成28年4月1日以降も、従前どおり実施します。