賃貸ならJKK東京 HOMEへ

平成25年5月10日
東京都住宅供給公社

公社賃貸住宅の防災コミュニティ活動を応援します!

 東京都住宅供給公社(JKK東京)では、公社賃貸住宅の耐震化の推進など安全・安心な住環境の整備に取り組んでいるところですが、このたび、お住まいの方の共助により発災時の被害を少しでも減らすことができるよう、公社住宅での地域コミュニティによる防災活動を支援することとしましたのでお知らせいたします。

1 取組内容

  自治会等の自主防災活動を実施する団体に防災資機材とその保管場所を提供すること などにより、公社住宅における防災組織の設立・育成を促進します。

(1) 防災資機材の提供等

 自主防災組織として活動している自治会等に対し、防災セット(発電機、投光器、 救出工具)を提供します。また、一定の範囲内で防災資機材の購入費用を助成します。

(2) 防災資機材の保管場所の提供

 住宅建物内等の現在使用していないスペースを防災資機材の保管場所として提供し ます。

(3) 集会所利用への支援

 防災コミュニティ活動を行うため集会所を利用する場合は、集会所の使用料を月2 回合計4時間を限度として無償とします。

2 支援の対象となる団体の主な要件

 当該住宅にお住まいの総世帯数の過半数により構成され、自治体への登録等を行って自主防災活動を実施している団体または同等の組織である団体

3 実施時期

 平成25年6月1日(土)から各管理事務所で受付いたします。 (6月3日(月)以降は下記問合せ先でも受付いたします。)
 ※防災資機材の提供等の申請は、平成30年3月31日までとなります。

【問合せ先】

 JKK東京<東京都住宅供給公社>
 公社住宅事業部 公社管理課 公社管理係
 03−3409−2261(代表)
 受付時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00(土日祝/休)

copyright(C)JKK東京