東京都内でキボウドーリの賃貸マンションを見つけるなら礼金・仲介手数料・更新料なしのJKK東京【東京都住宅供給公社】
賃貸住宅情報TOP > 公社賃貸住宅の耐震化の取組み

公社賃貸住宅の耐震化の取組み

公社賃貸住宅の「耐震性」
十分なの?
入居募集中の公社住宅は全て
「耐震性」が確保されています
公社では、東京都の「東京都耐震改修促進計画」に基づく耐震化の目標を確実に達成するため、 「公社賃貸住宅耐震化整備プログラム」を平成20年3月に策定(平成24年8月改定)しました。 そして、当プログラムに基づき耐震性の向上に向けて取り組みを進めた結果、平成27年度末には耐震化率96.8%を達成しました。

引き続き耐震化を推進し、全公社賃貸住宅の耐震化率を平成32年度までに100%とすることを目標とし、安全・安心な住環境の整備に努めます。

東京都耐震マークの表示

耐震基準への適合が確認された公社賃貸住宅には、東京都が交付する「東京都耐震マーク」を取得し、建物入口等の分かりやすい場所に表示しています。
東京都耐震マークとは
東京都が、耐震基準への適合が確認された建築物に対し交付するもので、 都民が安心して建築物を利用することができるように、地震に対する安全性を示すマークです。
  • 【新耐震適合】

    新耐震基準に適合する建築物
  • 【耐震診断済】

    耐震診断を行い、耐震性が
    確認された旧耐震基準の建築物
  • 【耐震改修済】

    耐震改修を行い、耐震性が
    確保された旧耐震基準の建築物
平成29年3月現在