CONCEPT

だれもが生き生きと暮らし続けることのできる街。
コーシャハイム向原

公社の向原プロジェクト、その集大成へ。

緑に恵まれ、ゆったりした景観の中に暮らせる「団地」の良さ。それを受け継ぎながら、建替えによって誰もが生き生きと暮らし続けることのできる街を創り、賃貸住宅の“みらい”像を提案するのが「コーシャハイム向原」です。いよいよその最終街区「ガーデンコート」が誕生。街づくりの集大成にふさわしい環境と品質をお届けします。

H I S T O R Y

大規模団地「向原住宅」の建替えによって誕生しました。

昭和30年代に建設された「向原住宅」。広々とした緑豊かな敷地に住棟が整然と立ち並ぶ、当時における「みらい志向」の住宅でした。その良さを受け継ぎつつ、建替えによって新たに誕生したのが「コーシャハイム向原」。新たな「みらい」を見据える1,000戸超の大規模賃貸マンションとして生まれ変わりました。

建替えによって生まれたのは、賃貸マンションだけではありません。

建替えによって生まれ変わった、時代のニーズに応える住まい。しかし、誕生したのは賃貸マンションだけではありません。建物が高層化されることで、創出された土地。そこには、この街が誰にとっても住み心地よく、ライフスタイルが変わっても、家族構成が変わっても、さらにはライフステージが変化しても、ずっと慣れ親しんだ同じ街に住み続けることができる、さまざまな仕組みが散りばめられています。

高品質で、住まうすべての人に優しい街。

段差が少ないバリアフリー設計や、ほこりが舞いにくい床暖房、オートロックをはじめとした安心の防犯設備など、建替えで生まれ変わった住まいには、ひとり暮らしからご夫婦、子育て世帯から高齢者世帯まで、どんな世帯にもうれしい気配りがたくさん。ライフスタイルを問わず、誰もが暮らしやすい住まいです。

暮らし続けられる街。

敷地内には、サービス付き高齢者向け住宅や高齢者福祉施設を整備・誘致しています。各種高齢者施設では、在宅で利用できる周辺住宅への訪問介護サービスも実施。ライフステージの変化があっても、住み慣れた街で暮らし続けられる安心感を生みだしています。

サービス付き高齢者向け住宅
福祉施設完成イメージ図

誰もが一緒に暮らせる街。

認可保育所や病後児保育室などの子育て支援施設を整備し、障害者支援施設も誘致。「カフェ&レストランけやき」は、住む人はもちろん地域の人々にも親しまれ、世代や世帯を超えて、地域の交流を育む場所です。

キッズタウンむかいはら保育園
カフェ&レストラン けやき(7号棟)

※福祉施設完成イメージは計画中の図面を基に描いたもので、実際とは異なります。
※福祉施設計画地は公社が土地を所有し、施設運営事業者が施設の整備・運営を行います。

緑と共存する街。

広大な敷地内は豊かな緑に包まれ、ゆったりと配置された住棟が自然に溶け込む潤い豊かな空間。建替え前からこの地で時を育んできた桜やケヤキなど、多くの既存樹も残され、今までもこれからも、街を見守り続けます。

ケヤキ
ソメイヨシノ
モミジ

環境にやさしい街。

住宅には断熱材や複層ガラスを使用。冷暖房効率が上がり、省エネにつながります。高効率型給湯器など省エネルギー型機器も導入。環境に優しいライフスタイルへ自然と導かれます。2期街区・ガーデンコート街区では屋上に太陽光発電システムを設置しました。

万が一に備える、安心の街。

敷地一帯が区の避難場所に指定され、敷地内に区の防災倉庫を有する「コーシャハイム向原」。住む人のみならず、地域全体の防災拠点として貢献します。敷地の随所に設けられた広場は、災害時には一時避難場所となるオープンスペース。かまどベンチや防災井戸が設置され、防災倉庫にはマンホールトイレを備えます。

防災井戸
かまどベンチ
マンホールトイレ

マンホールに直接取り付けて使用できるマンホールトイレや防災井戸。炊き出しが可能な、かまどに変身するかまどベンチ。

※写真はコーシャハイム田端テラス、コーシャハイム向原2期街区のものです。

※掲載の全体計画図は、平成29年12月に撮影した空撮写真に計画段階の図面を基に描いたものを合成加工したもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。外観の細部・設備機器・配管類等は一部省略又は簡略化しております。※各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。※植栽については特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時にはCG程度には成長しておりません。