• トップ
  • コンセプト
  • 周辺環境
  • アクセス
  • 設備・仕様
  • 間取り・賃料
  • 物件概要

物件概要

物件概要
所在地板橋区加賀一丁目23番1号(住居表示)
交通 JR埼京線「十条」駅下車 徒歩8分
都営三田線「板橋区役所前」駅下車 徒歩15分
築年平成27年
構造鉄筋コンクリート造 / 8階
管理戸数 78戸 / 1棟
間取りSTUDIO ~ 2LDK
専有面積32.51m2 ~ 57.75m2
月額家賃89,700円 ~ 144,600円
共益費(月額)4,500円
敷金月額家賃の2ヶ月分
取引態様貸主
定期借家契約ご契約にあたっては、10年間の定期借家契約となります。なお、お客様に家賃等の滞納など契約上の義務の不履行があるとき又は当公社が当住宅の建替え、用途廃止等を行うときを除き、新たに当公社が定める定期賃貸借契約を締結することができます。
※募集開始をするまでの間は、契約(予約を含む)にも、申込順位の保全等にも、一切応じられません。
※情報は不定期に更新されます。

有料駐車場について

■区画及び使用料等

区分 機械式屋外/ 上段 機械式屋外/ 中段 機械式屋外/ 下段 平面式屋外
一般区画 障がい者用区画
区画数 4 3 3 1
月額使用料(円) 19,000 20,000 21,000 21,000
敷金(円) 38,000 40,000 42,000 42,000
車両規格
制限
車長 485cm以内 600cm以内
車幅 185cm以内 200cm以内
車高 210cm以内
車両重量 1,800kg以内
契約期間 住宅の契約日より一年毎の自動更新

■有料駐車場の使用申込者の主な資格及び制限について

◎申込者(契約者)は当住宅の賃借名義人であること。
◎申込みできる車両は、賃借名義人またはその同居親族(以下「住宅名義人等」という。)が使用しており、自動車検査証の使用者欄が住宅名義人等になっていること。
◎駐車できる車両の規格が上表の通りであること。
◎毎月の駐車場使用料を口座引き落としでお支払いいただけること。
◎自動車検査証の写しを提出できること。
◎住宅名義人等が身体障害者手帳等をお持ちの方で、基準に該当する場合は、優先的に区画の割り当てが受けられます。手帳のコピーを添付してお申込みください。対象等級についてはお問い合せください。
◎申込みできる台数は1住戸につき1台です。


■駐車場を利用するにあたっての注意事項

◎東京都の条例により駐停車中のアイドリングは禁止されています。駐停車中はエンジンを止めてください。
◎住宅敷地内は有料駐車場以外の場所には駐車できません。


自転車・バイク置場(無料)

当住宅の共用部分に自転車(104台)・バイク(7台)置場が設置されております。自転車置場については、各戸2台以上はご利用いただけない場合がござ いますので予めご了承ください。なお、不要な自転車等は、保管できません。バイク置場を使用する場合は、事前に、管理事務所に氏名・部屋番号・連絡先・ 車両番号を通知していただきます。

特記事項(事前了解事項)

■コーシャハイム加賀について

コーシャハイム加賀は、旧十条住宅の建替事業により建設したものです。

1. 管理事務所

当住宅は管理事務所を1階エントランスホールに設置しています。

2. ごみ置場

敷地北側にある専用ごみ置場をご利用ください。
ごみ置場の扉は電気錠で施錠されているため、ご利用にはノンタッチキー(玄関キーに付属)が必要です。

3. コミュニティルーム

当住宅の1階に設置しています。入居者の方が地域のコミュニティ活動等の諸行事にご利用いただけます。

4. 倉庫

当住宅には災害用仮設便所等の災害用品を保管できる倉庫を設置しております。(食料や飲料水等の配備は行いません。)

5. 屋内消火栓

建物内に屋内消火栓を設置し、初期消火に対応できるようにしております。

6. 歩道状空地

当住宅敷地西側の歩道状空地は公社が所有、管理します。一般の方々も通行します。

7. 騒音等

下記の要因により、一部の住戸において騒音、振動及び臭気等の発生が予想されます。
●エントランスホールの自動ドアの稼動音や振動
●コミュニティルームへの出入りや利用に伴う騒音
●エレベーターの稼動音や振動
●駐車場、バイク置場及び自転車置場における車両等の出入りによる騒音や振動
●機械式駐車場の稼動音
●ごみ置場からの臭気
●共用部の換気扇の運転による騒音や振動
●消防設備等の点検時における警報音
●当住宅敷地東側隣地及び周辺に所在する学校からの声や音、楽器の演奏音等

8. 住宅性能表示制度

性能評価

当住宅では、国が指定した第三者評価機関による「設計住宅性能評価書」(間取り別)を取得しております。また完成時には「建設 住宅性能評価書」の交付を受ける予定です。

9. 各設備等の点検

●消防法の規定により、消防用設備(火災感知器、避難ハッチ等)の点検を6か月に1回実施します。なお、避難ハッチの点検の際は、各住戸に入室させていただきます。
●エレベーターの点検を1か月に1回実施します。その際は、エレベーターの使用ができません。
●必要に応じて、それぞれの定期点検日以外に臨時点検を実施する場合があります。

10. オートロック

当住宅のエントランスホール、屋内自転車置場横の出入口及びごみ置場には、オートロックシステムを採用しています。外部から入る際は、ノンタッチキー(玄関キーに付属)を使用して解錠します。なお、エントランスホールについては室内のインターホンを使用して解錠することができます。

11. 宅配ボックス

当住宅のメールコーナーには、お客様のご不在時に荷物をお預かりする宅配ボックスを設置しています。荷物の取り出しには、ノンタッチキー(玄関キーに付属)が必要です。貴重品及び冷凍食品等の品質の保持が求められる品物は、保管できません。

12. 防犯カメラ

当住宅は、エントランスホール、エレベーター及びメールコーナーに防犯カメラを設置しています。

13. 電気容量

各住戸の電気の設定容量は、当初30アンペアです。ご自身でのお申込みにより、10~60アンペアまでの間で東京電力(株)と契約ができます。詳しくは東京電力(株)にお問い合せください。

14. ガス

ガスは都市ガス(13A)です。

15. 床暖房

各住戸には温水式床暖房設備を設置しています。ご使用の際は、東京ガス(株)への床暖房設備使用申込み(機器使用契約)が必要です。(有料)

16. テレビ受信設備

●当住宅ではJ:COM((株)ジェイコムイースト板橋局)のCATVを導入しており、CATVによる地上デジタル放送が受信できます。
●屋上にBS・CS110度アンテナを設置しており、衛星放送が受信できます。
●主な内容及び利用料につきましては、次のとおりです。なお放送を視聴するには対応テレビ・レコーダー、もしくは専用チューナーが必要です。

電波種類 チャンネル 利用料 配信方法
地上デジタル放送 NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京
フジテレビ、放送大学、MXテレビ、テレビ神奈川、テレビ埼玉
無料 J:COM
衛星放送
BS・CS110度
BSデジタル放送 無料 BS・CS110度
共同受信アンテナ
BSデジタル放送(WOWOW等)、CS110度放送 有料
その他の放送 CATVによる有料放送 有料 J:COM

※:NHK受信料はお客様のご負担です。

17. 電話回線

電話回線のご利用には通信事業者との契約及び電話開通工事(屋内配線工事)等が必要です。工事費用、通話料金等詳細は通信事業者にお問合せください。

18. 携帯電話

携帯電話は、各通信事業者の通信システムで運用されています。そのため通信事業者が設置する通信中継設備の位置および電波状況等によっては、住宅敷地内または建物内でのご使用において、通話・通信が不能になることがあります。詳しくは各通信事業者にお問い合わせください。

19. インターネット

当住宅では、各通信事業者に申込むことにより下記の方法でインターネットをご利用いただけます。(有料)
●住棟内LAN配線による方法(NTT東日本、KDDI、アルテリア・ネットワークス(旧UCOM))
  光ケーブルを利用した高速インターネットがご利用できます。
●CATVによる方法(J:COM)
  テレビ共聴設備を利用したインターネットがご利用できます。
●ADSL・ISDNによる方法
  電話回線を利用したインターネットがご利用できます。
[ご注意]:接続障害が発生した場合、公社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。

20. 住宅情報設備

●各住戸に、住宅情報盤を設置しています。火災時及び非常時には、住宅情報盤にて警報音、合成音声音、表示ランプでお知らせします。
●住宅情報盤はインターホンとして使用することができます。エントランスホールの集合玄関機とは映像確認・通話ができます。玄関子機とは通話ができます。(管理事務所とは通話できません)
●住宅情報盤及び玄関にある非常ボタンを押すと、住宅情報盤及び玄関子機から警報音を発します。
●トイレ及び浴室内にあるコールボタンを押すと、住宅情報盤にメッセージと音声でお知らせします。
●不在時、宅配ボックスに荷物が届いている場合は、集合玄関機では宅配表示ランプで、住宅情報盤では宅配表示と音声でお知らせします。

21. 避難ハッチ

●火災等の非常時には、バルコニーと避難ハッチを利用して下階に避難できます。
●バルコニー及び隔て板付近には避難の支障となる物は置かないでください。
●避難ハッチの上部及び下部には、エアコン室外機(配管含む)や物干し竿等を置かないでください。エアコン室外機(配管含む)や物干し竿等を設置する際は、事前に寸法をご確認ください。

22. 消火器

各住戸に消火器を設置しています。取替えの際には、各住戸に入室させていただきます。

23. 玄関扉等の開閉

強風時や台所レンジフード運転時には、玄関扉等の開閉が重くなる場合があります。

24. 公社設置のエアコン

各住戸に、エアコンを1台設置しています。エアコンの能力は製造者の推奨能力を目安に設置していますが、気象条件等により設定する室温に到達できない場合があります。

25. お客様設置のエアコン

●エアコンを設置される際には、室内機、室外機とも事前に寸法等をご確認ください。
●室内機の設置想定位置には、取付け用補強下地等を設置しています。室内機はこの位置に確実に取付けてください。
●取付け用補強下地付近にはエアコン専用コンセントが設置されています。エアコン専用コンセントの電圧は当初100Vになっていますが分電盤にて200Vへの切替が可能です。エアコンを取付ける際は、事前に電気容量・使用電圧をご確認の上、工事は電気店にご依頼ください。なお、200Vにて使用された際は退去時必ず100Vに戻して下さい。
●バルコニーに居室用の室外機を設置する場合は、振動の伝達を防止するため防振ゴム等を適切に取り付けてください。部屋によっては室外機2段置用架台が必要となる場合があります。
●お客さまが設置するエアコンの取り付け及び取り外しにかかる一切の費用(室外機2段置用架台等含む)は、お客様のご負担となります。
●共用廊下側の居室にエアコンを設置する場合は、冷媒管等が壁を貫通する部分(エアコンスリーブ)に国土交通大臣認定おび(財)日本消防設備安全センターの評定を取得した、防火区画貫通部材による防火措置を施すことが義務付けられています。詳細は工事店等にご確認ください。
●101号室洋室のエアコン室外機は、壁掛け用架台をお客様にてご用意ください。避難通路のため室外機を地面に置くことはできません。
●2DK-V2タイプ洋室1にエアコン設置の際は、ダイニングのエアコンスリーブを使用(公社設置エアコンと共用)してください。

26. 24時間換気

24時間小風量換気システム(浴室天井設置の浴室乾燥機に付加)を採用しています。常時小風量で運転し、リビング・ダイニングや各居室の給気口から外気を取り入れ、室内を換気しています。

27. ビルトインコンロ

組込式のグリル付2口ビルトインコンロ〈安全センサー付(2口対応)〉、3口ビルトインコンロ〈安全センサー付(3口対応)および温度調整機能付(1口対応)〉のものを設置しています。

28. 温水洗浄便座

各住戸のトイレに温水洗浄便座を設置しています。

29. 家電製品の設置

冷蔵庫及び洗濯機等の家電製品を設置する際は、事前に寸法をご確認ください。

30. 照明器具の設置

照明器具を設置する際は、事前に天井段差及び火災感知器の位置等をご確認ください。

31 網戸

当住宅には網戸を設置しています。

32. 耐火乾式戸境壁

以下の住戸間の戸境壁は、耐火乾式戸境壁です。性能を維持するために、釘等を打つことはできません。
●1LDK-AL1タイプと2LDK-L1タイプの各住戸間
●2DK-V1タイプと2DK-V3タイプの各住戸間

33. 住戸内の間仕切り壁

住戸内の間仕切り壁内部に電気設備配線等が埋まっています。断線及びショートすることがありますので、壁に釘等を打つことはできません。

34. 住戸内の防水

防水を施しているのは浴室のみです。各住戸玄関、バルコニー等浴室場所以外ので水を流すと階下に漏水する可能性がありますので、水を流さないでください。

35. 窓の開口制限

当住宅の一部の窓には、転落防止等を目的に開口制限を設けています。この開口制限を解除して窓を開けることはできません。該当する窓は、以下のとおりです。
●1LDK-AL1タイプ:リビングダイニングキッチンの腰窓
●2LDK-L1タイプ:洋室1、リビングダイニングキッチン、DENの腰窓
●2DK-V3タイプ:洋室2の腰窓
●2LDK-L2タイプ:洋室1、洋室2の腰窓
●2LDK-L3タイプ:玄関、洋室2の腰窓

■お引越しについて

36. 引越日程のご予約

当住宅へのご入居にあたって、一斉入居の混乱を避けるため引越日程のご予約が必要です。日程の調整は公社が委託する事業者が取りまとめますので、ご協力をお願いします。

37. 引越車両

引越車両については事前に現地をご確認の上、周辺住環境への配慮と駐車禁止など関係法令の遵守をお願いします。

38. 引越し時のごみ

引越し時に発生する粗大ごみ等については、お客様ご自身で区役所等にお申込みのうえ、処理してください。

■その他のご注意

39. ペットの飼育について

共同生活の秩序と衛生を保つため、小鳥および魚類以外の動物を飼うことを禁止しています。

40. 共用部への私物の放置について

共用部(住戸玄関前・廊下・階段・メーターボックス内等)に私物を放置すると、通行の妨げになるだけでなく、非常時の避難の際に障害となりますのでおやめください。消防署の定期立入検査の際に指摘事項の対象となりますので、くれぐれもご注意ください。

41. バルコニーの利用について

●防災上および景観を損なうことからバルコニー手すりへ物を干すことは禁止されています。バルコニー手すり内側に設置されている物干しをご使用ください。
●バルコニーは緊急時(火災等発生時)の避難経路となっております。避難の妨げになりますのでバルコニーに私物を置くことはできません。

TOP