新小岩〜松江 −住みたい街と住まいが見つかる!素敵な街のエリアガイド MY TOWN−

水と緑が豊かな潤いのエリア
新小岩〜松江

新小岩は江戸川区との区境に近い葛飾区の町であり、総武本線のJR「新小岩駅」があることでも知られています。総武線を利用して都心への交通が便利なのに加えて、新小岩駅からは各方面への路線バスが多く出ており、アクセスに優れています。
新小岩から南へ2kmほどのところに位置する江戸川区松江は、江戸川区の西部にある町で、この周辺は住宅の多い地区となっています。このあたりは周りを川に囲まれており、緑も多く、“水と緑の街”として地元住民から親しまれています。
また、この近辺からは、2012年に開業した新名所「東京スカイツリー」が望めます。このエリアの物件である「トミンハイム松江二丁目」「リバーフィールド松島」の室内からも、向きによってその姿を望むことができます。


優れた学べる施設が揃うエリア

さまざまな方面から学びをサポート

「東京都立城東職業能力開発センター江戸川校」は、バス停「江戸川区役所前」より徒歩8分または「大杉小学校前」より徒歩2分の場所に位置しています。
ここでは、求職者・転職者を対象とした職業訓練および就職するためのバックアップを行っています。江戸川区を含む城東地域は、機械金属加工や機械製造などメカトロニクス関連産業の集積地となっており、こうした地域特性を反映したメカトロニクス科・自動車整備工学科・機械加工科およびCAD製図科の4科が設置されています。その他全国的にも珍しいグリーンエクステリア科・環境分析科、人材育成が急務の介護サービス科があります。

また、城東地域では唯一の人材育成プラザを併設し、現在働いている人が仕事に必要な技能・知識を身につけキャリアアップするための短期講習を実施しています。事務系や建設系など多岐にわたる分野で年間およそ60コースの科目が用意されています。あわせて中小企業の事業主等が行う事業内職業訓練や技能検定の会場として施設の貸し出しを行っています。

松島1丁目のグリーンパレスの3階には「江戸川区郷土資料室」があります。ここは、昭和40年に児童生徒の郷土学習に資することを目的に開設された施設で、約1万2000点を収蔵しており、小学生の学習の場として利用されると同時に、一般にも開放されている資料室です。

常設展は、江戸川区の歴史の流れを物語る遺物や古文書・絵図・写真などが展示されている「江戸川区のあゆみ」、小岩の和傘や篠崎のざるなど、江戸時代からうけつがれた伝統の技と作品を紹介している「くらしとわざ」、川と海と関わりをもちながら、集落から都市へと変貌していった江戸川区の都市化のあゆみを展示した「川と海と江戸川区」の3つです。
このほか年に数回企画展も行われており、奥深い江戸川区の魅力を知り、学ぶことができます。

東京都立城東職業能力開発センター江戸川校
東京都立城東職業能力開発センター江戸川校
江戸川区郷土資料室
江戸川区郷土資料室
江戸川区の民俗資料を多数展示(江戸川区郷土資料室)
江戸川区の民俗資料を多数展示(江戸川区郷土資料室)

-

「道路」を上手に使ってもっと便利に

JR新小岩駅には総武本線が通っており、秋葉原・新宿・東京駅方面へ乗り換えなくアクセスが可能で、通勤や通学に大変便利です。
そしてこのエリアの大きな特長として、道路を利用した交通に優れていることが挙げられます。新小岩駅前には数多くの路線バスが運行しており、船堀、葛西、西葛西、綾瀬など各方面へアクセスできます。区役所など生活に必要な施設へもバスで行くことが可能となっています。
また、環状七号線や船堀街道、京葉道路と呼ばれる国道14号、新大橋通りと大きな道路に恵まれており、区内や近隣はもちろん、都心方面へ行くのにも便利。さらに、首都高速7号小松川線の「小松川出入口」や、首都高速中央環状線「船堀橋出入口」が近くにあるため、高速道路が大変利用しやすい立地となっています。こうした交通事情から「新小岩〜松江」は道路を使ったアクセスに強い利便性を持ったエリアといえます。

  • 大きな道路が多く利便性が高い大きな道路が多く利便性が高い
  • バスで各方面へアクセスが便利バスで各方面へアクセスが便利

このエリアのオススメ物件

オススメ物件

オススメ物件トミンハイム松江二丁目

交通 JR総武線快速「新小岩」駅からバス約11分「京葉交差点」下車徒歩6分、
JR総武線「小岩」駅からバス約14分「京葉交差点」下車 徒歩6分
間取2LDK+S ・ 3LDK (67.78m2 〜 85.74m2
家賃 104,100円 〜 124,300円
-
-

My Town トップ |
新小岩〜松江
JKK東京<東京都住宅供給公社>