板橋区〜北区 浮間エリア −住みたい街と住まいが見つかる!素敵な街のエリアガイド MY TOWN−

川と緑に囲まれた、どこか懐かしい都会のオアシス

浮間エリアは、東京都北区の北西端に位置し、昔ながらの町工場が多く見られ、人情味あふれる町並みが特長です。新河岸川を挟んで南は板橋区小豆沢。
こちらもスポーツ施設や医療施設に恵まれており、優れた住環境を誇ります。都心へのアクセスが良好でありながら緑や公園が多く、住みやすい街として人気のある、都会のオアシスともいうべきエリアです。


公共施設を上手に活用して生活に役立てる

生活文化向上のために役立つ公共施設

埼京線浮間舟渡駅から2駅めには、飲食店などの商業施設で活気あふれる赤羽駅があります。 この赤羽駅東口から徒歩5分ほどのところにある「赤羽会館」には講堂や大小ホール、赤羽健康相談係など、区民の生活文化の向上、福祉の増進のための施設が入っています。
5階には「赤羽図書館」があります。本だけでなく、CDやDVDも借りられ、特にDVDは種類が豊富です。平日と土曜日は午後8時と比較的遅くまで開館しているので、仕事帰りにも立ち寄れます。

「浮間図書館」は、赤羽駅と浮間舟渡駅の間にある北赤羽駅から5分ほど歩いた都営住宅の1階にあります。
浮間児童館や浮間保育園と隣接していることもあって児童書のコーナーが充実しており、子ども向けの「ろうそくともしておはなし会」などのお話会も頻繁に開催されています。

赤羽会館。5階には赤羽図書館
赤羽会館。5階には赤羽図書館
浮間図書館
浮間図書館

東京都内で、船の旅にでかけよう

JR埼京線北赤羽駅、都営三田線志村坂上駅ともに徒歩15分ほどの場所には、東京都公園協会が運営する水上バスの東京水辺ライン「小豆沢発着所」があります。
この場所は、その昔“小豆沢河岸”と呼ばれ、船運の要所として活気にあふれていた歴史を持っています。現在は隅田川・荒川・臨海部を結ぶ水上バスの発着所となっており、葛西臨海公園や両国への船旅が楽しめます。
人気の観光スポットであり、休日は多くの観光客でにぎわいます。普段見慣れた街も、船の上から眺めると新しい発見があるかもしれません。

水上バス
水上バス

-

コラム:都心までのアクセス直結。ストレスフリーな通勤通学を

浮間エリアは、もともと水運を利用した工場が立ち並ぶ工場地帯として発達してきた街です。「浮間」は、荒川に突き出た土地の形が浮島に見えたことからつけられた地名です。
1985年、JR埼京線の開業とともに浮間舟渡駅が誕生し、大宮・大崎・東京・品川への所要時間がそれぞれ30分程度と交通の便が格段に良いことで、住宅地として注目を集めるようになりました。近年はマンションなども多く建設され、移り住む人々が増えています。
川と緑に囲まれた、情緒ある優れた住環境を誇る街です。ターミナル駅である赤羽駅まではわずか6分、池袋駅までは15分と交通アクセスに恵まれており、通学・通勤に非常に便利です。

  • 浮間舟渡駅浮間舟渡駅
  • 浮間橋浮間橋

このエリアのオススメ物件

オススメ物件

オススメ物件トミンタワー浮間三丁目

交通 JR埼京線「北赤羽」駅下車 徒歩2分
間取2LDK ・ 3LDK(59.68m2〜76.84m2
家賃106,700円 〜 152,000円
-
-

My Town トップ |
板橋区〜北区 浮間エリア
JKK東京<東京都住宅供給公社>